公明党の「特定秘密保護法案Q&A<上>」にイチャモンを付けました。

公明党のホームページにある「特定秘密保護法案Q&A<上>」に法律ど素人の私がイチャモンを付けてみました。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20131129_12783

Q.なぜ、特定秘密保護法をつくる必要があるのか?

A.日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しており、大量破壊兵器や国際テロ活動に適切に対処するためには、安全保障に関する重要な情報を入手し、その漏えいを防止し、国民の安全や国益を守ることは喫緊の課題です。
アルジェリアでは邦人が犠牲となりましたが、二度とあのような悲劇を起こしてはなりません。
現在、「国家公務員法」や「自衛隊法」「MDA秘密保護法」にも秘密を漏えいした公務員等を処罰する規定はありますが、量刑が軽すぎたり、情報の対象が限定されており、わが国の安全保障に関する重要な情報の漏えいを防ぐ法整備は万全とは言えません。
兵器の性能や外交の暗号等が漏えいし、インターネット上に流れでもしたら取り返しのつかない事態になります。また、情報管理が万全でなければ外国は重要な情報をわが国と共有しようとはしません。特定秘密を守るための法整備は、もはや国際標準となっているからです。
成立を急いでいるとの批判がありますが、「急いでいる」との批判は当たりません。衆院特委では日本版NSC設置法案の倍に当たる45時間以上の審議を行い、2回の参考人質疑、地方公聴会を開催し、「日本維新の会」や「みんなの党」とも丁寧な修正協議を行いました。



「国家公務員法」や「自衛隊法」「MDA秘密保護法」の他に、合衆国軍隊の機密を守るための「刑事特別法」があります。
「量刑が軽すぎる」ということですが、国家公務員法は1年ですが、自衛隊法は5年、MDA法は10年、刑事特別法は10年の懲役になっています。
国家公務員法の量刑に問題があるのなら、そこを変えればいいだけです。
「情報の対象が限定されており」ということですが、どの分野が足りないのか明確に示してください。
寧ろ、特定秘密保護法の最大の問題点は、秘密の範囲が曖昧で広すぎるため、解釈次第でいくらでも秘密指定ができることです。本当に秘密指定しないといけないものだけに対象を限定すべきです。
特定秘密保護法案は、アメリカよりもひどいという指摘もあります。
アメリカと比べてこんなにひどい特定秘密保護法案

成立を急いでいるとの批判は当たらないとのことですが、明らかに急いでいます。
山口代表は「参議院の審議日程を考えると、法案を採決するために十分な議論をしてきた」と言っています。国民の基本的人権にかかわる重大な法案ですから、今国会に成立させることを拘らずに、国民が納得するまで、十分に国会で話し合うべきです。法案に賛成の人でさえ、今国会での成立を望んでおらず、十分な審議を求めています。
福島での地方公聴会は、公述人から、反対の表明や、さらなる公聴会の開催を求める意見がでました。地方公聴会の意見はまったく反映されていません。地方公聴会をアリバイ作りに利用する汚い手口です。
「日本維新の会」や「みんなの党」とも丁寧な修正協議を行ったといことですが、修正案の審議は2時間しかなく、自民と維新では第三者機関に関する認識が異なっていたのが、参議院で露呈されています。
「丁寧な修正協議を行いました」などと言えない状態です。


Q.どのような情報が特定秘密として指定されるのか?

A.原発事故の情報や放射能汚染情報(SPEEDI)が秘匿されるといった誤解がありますが、安倍首相は特定秘密には当たらないと明確に答弁しています。
特定秘密に指定されるのは、安全保障に関する情報のうち、(1)防衛(2)外交(3)特定有害活動(スパイ)防止(4)テロ防止―の4分野に限定されています。さらに別表を設け【別掲参照】、上記の四つの分野の中で特定秘密にできる事項が限定列挙されており、国家公務員法が禁じる情報漏えいの範囲よりもはるかに狭い範囲となります。


仮に、SPEEDIが特定秘密にならないとしても、国民に知らされないことに変わりはありません。知ろうとして、罪になるかならないかの違いです。特定秘密保護法の対象にならないからと言って、公開されるわけではありません。今と同じように秘密にされるだけのことです。
また、特定秘密に指定できる機関の長に、 原子力防災会議、資源エネルギー庁長官、原子力規制委員会があります。核燃料絡みで、原発が特定秘密指定されるのは間違いありません。

特定秘密に指定されるのは、(1)防衛(2)外交(3)特定有害活動(スパイ)防止(4)テロ防止―の4分野に限定されと言っていますが、秘密指定できる機関は、これだけあります。
内閣総理大臣、内閣法制局長官、原子力防災会議、安全保障会議、中心市街地活性化本部長、地球温暖化対策推進本部長、高度情報通信ネツトワーク社会推進戦略本部長、都市再生本部長、 知的財産戦略本部長、構造改革特別区域推進本部長、地域再生本部長、郵政民営化推進本部長、道州制特別区域推進本部長、総合海洋政策本部長、宇宙開発戦略本部長、総合特別区域推進本部長、社会保障制度改革国民会議、人事院、宮内庁長官、公正取引委員会、 国家公安委員会、金融庁長官、消費者庁長官、総務大臣、公害等調整委員会 、消防庁長官、法務大臣、公安審査委員会、公安調査庁長官、外務大臣、財務大臣、国税庁長官、文部科学大臣、文化庁長官、厚生労働大臣、中央労働委員会、農林水産大臣、林野庁長官、水産庁長官、経済産 業大臣、資源エネルギー庁長官、特許庁長官、中小企業庁長官、国土交通大臣、 運輔安全委員会、観光庁長官、気象庁長官、海上保安庁長官、環境大臣、原子力規制委員会、防衛大臣、警察庁長官及び会計検査院のほか、本法案第二条第四号及び第五号の政令で定める機関について、その機関ごとに政令で定める者

観光庁長官、気象庁長官まで含まれています。
スパイやテロなどと言い出せば、いくらでも拡大解釈できるのです。
特定秘密を指定できる機関の長がこんなにいて、分野に限定されているとは虚言です。


Q.国民の「知る権利」は本当に守られるか?

A.報道機関が公務員から特定秘密を聞き出すと処罰される。そうなると国民の知る権利が侵害されるのでは、との声があります。そこで、公明党の主張で当初の政府案にはなかった国民の「知る権利」「報道の自由」を条文に明記させました。さらに報道機関の取材行為は「法令違反」や取材対象者の人格をじゅうりんするような「著しく不当な方法」に当たらない限り「正当業務行為」として処罰の対象とはならない旨も条文化しました。
加えて、修正協議の中で、特定秘密を「取得」する行為は、外国の利益を図るなどの目的(スパイ等の目的)がなければ処罰されないように修正し、通常の取材活動は処罰の対象とならないことが、一層、明確になりました。
一般の国民については、何が特定秘密であるかを知らず、また、スパイ等の目的を持つこともないので、知ろうとした情報が偶然、特定秘密に該当するものであったとしても処罰されることはありません。通常の生活を送っている国民が処罰されるようなことはあり得ません。



条文では、「国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない」と書かれています。「配慮しなくはならない」などというのは、努力規定に過ぎず、法的拘束力はありません。こんな文章をあてにしてはいけません。
報道機関の取材行為は「法令違反」だけでなく、「著しく不当な方法」でも処罰の対象となります。「著しく不当な方法」は定義されていません。何故、法令違反だけにしないのでしょうか?
解釈次第でどうにでもなる文章をわざといれているとしか思えません。
一般の国民は、「スパイ等の目的を持つこともない」とありますが、政府が隠している情報を知りたいと思うことあります。それがたまたま特定秘密であれば、逮捕され調べられることになります。
政府の意向に沿わない運動をしている人、たとえば、原発に再稼働に反対していたり、日本国内でのオスプレイの訓練に反対している人が、政府が隠している秘密を知ろうとすることがあります。それが特定秘密であれば、逮捕し、家宅捜査することができます。捜査の結果、たとえ処罰の対象にならなかったしても、反対運動に大きな打撃を与えることができます。
それが、特定秘密保護法の目的の一つではないでしょうか?


Q.現在も42万件の秘密があるそうだが、内訳は?特定秘密の範囲が際限なく広がらないか?

A.現在、特別管理秘密として指定されている約42万件のうち、約9割が情報収集衛星から撮影した写真であり、次に多いのが外交・防衛等で用いられる暗号です。
特定秘密を行政機関の長が勝手に指定することはできません。
公明党の主張で、行政機関の長は、有識者会議の意見を聴いて首相が決定した統一基準に則り特定秘密を指定することにしました。
修正協議においては、「別表」の中にあった「その他の重要な情報」という文言は特定秘密の範囲を拡大させる恐れがあるため、これを削除させ、恣意的な指定がなされないようにしました。
行政機関の長が実際に統一基準に従って指定・解除を行っているかを首相が確認し、改善の指示を出せるようにもしました。これにより、事前・事後のチェックを通じ、特定秘密の範囲が広がらないようにしました。
さらに法案の附則には、独立した第三者機関を設置し、運用状況をチェックすることも検討することが明記されました。


福島第一の事故のときに、情報収集衛星から撮影した写真は東電にも見せず、アメリカの民間会社から4800万円で55枚の写真を購入しました。
このことからわかるように、政府が守りたいのは国民ではなく、自分たちで決めた秘密なのです。
一度、秘密指定したものは、それが国民の利益になることがあるないにかかわらず、秘密を守ることに専念します。国民の利益ために秘密を守るのではなく、自分たちの失敗を隠すために秘密を守ろうとするのが役人と政治家という人種です。運用する人の裁量でどうとでもできるものではなく、どんな人が運用しても、国民の利益になるような法律にすべきです。
有識者会議や、独立した第三者機関というものが、どんなものであるか、原発事故により国民は身に染みて知りました。原子力産業から利益供与を受けている人たちが、原子力規制委員会ですからね。
政府の人間が選んだ人たちは、中立的な考えではなく、政府の意図するように結論を出すということを、我々国民は学習しています。

-------
Q1では、
『現在、「国家公務員法」や「自衛隊法」「MDA秘密保護法」にも秘密を漏えいした公務員等を処罰する規定はありますが、量刑が軽すぎたり、情報の対象が限定されており、わが国の安全保障に関する重要な情報の漏えいを防ぐ法整備は万全とは言えません。』
とあり、現行法では秘密の対象が限定されているので、特定秘密保護法が必要と言っています。

Q2では、
『上記の四つの分野の中で特定秘密にできる事項が限定列挙されており、国家公務員法が禁じる情報漏えいの範囲よりもはるかに狭い範囲となります。』
とあり、特定秘密保護法で指定する範囲は、現行法よりも狭いと言っています。

結局、特定秘密保護法で指定する範囲は、現行法よりも広いのでしょうか?それとも狭いのでしょうか?
このQ&Aを書いた、弁護士であり衆議院議員でもある浜地雅一氏に答えてほしいものです。





【拡散】衆院の強行採決に続き、参院でも強引な議会運営。委員長・理事に意見を!!

菅官房長官の欠席をめぐり紛糾する国会(福山哲郎、福島みずほ質疑)131129


参議院でも特定秘密保護法案を強行採決するつもりでしょうか?
賛成・反対は別にして、きちんとした議会運営をしてもらうように、委員長と理事に意見を言いましょう。
国民が黙っていると、数の理論で与党が好き勝手にします。

委員長 中川 雅治 自民
http://www.nakagawa-masaharu.jp/contactus.html
(FAX)03-6551-0904
(TEL)03-6550-0904
ツイッター https://twitter.com/Nakagawa_Tokyo 最終更新日:10年6月23日

理事 佐藤 正久  自民
http://hige-sato.jp/office.html
(FAX)03-6551-0705
(TEL)03-6550-0705
ツイッター https://twitter.com/SatoMasahisa

理事 島尻 安伊子 自民
http://shimajiriaiko.ti-da.net/c93597.html
(FAX)03-6551-0405
(TEL)03-6550-0405

理事 西田 昌司  自民
http://showyou.jp/profile/?PHPSESSID=2418bmmkd65okbdkipc83r2ic2
(FAX)03-3502-8897
(TEL)03-6550-1110
ツイッター https://twitter.com/j_shoujinishida

理事 芝 博一 民主
http://www.shiba-hirokazu.com/component/jforms/1/56.html
(FAX)03-6551-0317
(TEL)03-6550-0317

理事 福山 哲郎  民主
http://www.fukuyama.gr.jp/office/inquiry/
(FAX)03-6551-0808
(TEL)03-6550-0808
ツイッター https://twitter.com/fuku_tetsu

理事 石川 博崇  公明
https://www.hiro-ishikawa.net/php/contact/index.php
(FAX)03-6551-0616
(TEL)03-6550-0616
ツイッター https://twitter.com/Hiro_Ishikawa



11/29のツイートまとめ

kingo999

参議院 国家安全保障に関する特別委員会 委員連絡先リスト(議員会館FAX) http://t.co/V7qJv6wpzT #秘密保護法
11-29 23:37

【秘密保護法案を成立させないで!】 [転送・転載歓迎/重複失礼します] - 幸せの青い鳥 - Yahoo!ブログ http://t.co/dJhyHbM60w
11-29 23:13

報道ステーション『「情報公開」で日米に差』で流れた大野議員の質疑大野元裕(民主)参議院・国家安全保障に関する特別委員会131129: http://t.co/tkqdviTueG
11-29 22:25

【必見】参議院・国家安全保障に関する特別委員会(11月29日) http://t.co/PZ5LQwK5HS
11-29 21:13

公明党は国民を舐めているのか?こんな大事な法案の審議に、右も左もわからない新人議員に質問させるとは。佐々木さやか http://t.co/BKrjHkHthK矢倉かつお http://t.co/4pVEoSYv3C
11-29 20:27

公明党を支援している方々、今の公明党に疑問を持たないのですか?竹入義勝、矢野絢也がうじゃうじゃいるかもしれません。ちゃんと監視しないと恐い事になりますよ。
11-29 18:06

<秘密保護法案>参院委審議入り 与党再び採決強行もhttp://t.co/ZVwQ0k1YUA与党は28日の参院国家安全保障特別委員会で、特定秘密保護法案の審議入りを強行した。12月6日の臨時国会期末までの法案成立を図るため、「参院は荒れてもいい。野党は野党だと分からせる」
11-29 17:43

(特定秘密保護法案)参議院・国家安全保障に関する特別委員会2013年11月28日 http://t.co/IFJd79P9gu
11-29 15:01

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-29 14:02

「食の安全」も特定秘密の可能性 森担当相 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/YGi9MIOfVF
11-29 13:42

そもそも総研。『原発ホワイトアウト』の著者、覆面現役官僚に原発再稼働問題でインタビュー。 http://t.co/kx0BkrDgpf
11-29 13:22

遠山清彦議員の特定秘密保護法採決の弁明 http://t.co/7uktpKKdow
11-29 13:22

【国家安全保障に関する特別委員会~福島地方公聴会】与党議員に対する突っ込み http://t.co/dgsKYAH0PV
11-29 13:21

憲法違反とも言われている重要な法案の特別委員がこんな人でいいの?矢倉かつお(公明)参議院・国家安全保障に関する特別委員会131128http://t.co/aNxmUPywsR(メール) http://t.co/rKjdgKO7bh(FAX)03-6551-0401
11-29 12:55

(ガレキ弾圧裁判)不当判決を受けて下地さん怒りのスピーチ131128http://t.co/lti2iQUuvj弾圧裁判の長井秀典裁判官は、こんな人 http://t.co/1ZcduCPVic
11-29 12:26

大野元裕(民主)参議院・国家安全保障に関する特別委員会131128: http://t.co/5dfSHX9qUQ応援メッセージを送ろう!!(MAILl) sangiin.oono@gmail.com(FAX) 03-6551-0618
11-29 11:44

参議院でも強行採決やる気満々「国家安全保障に関する特別委員会」福山哲郎(民主)質疑131128: http://t.co/ySwoW2NaFK福山議員に応援メッセージを送ろう!!http://t.co/XNJB6RJOsh(FAX)03-6551-0808
11-29 11:37



【必見】参議院・国家安全保障に関する特別委員会(11月29日)


<必見の質疑>

森雅子大臣「特別管理秘密は省庁ごとに別の基準でバラバラに管理されている」と事実と異なる発言





菅官房長官、福島みずほ(社民)の質疑にとんずら。憲法違反の疑い




<見ていた方がいい質疑>

大野元裕(民主)参議院・国家安全保障に関する特別委員会





仁比聡平(共産)参議院・国家安全保障に関する特別委員会





<見る価値のない質疑>

佐々木さやか(公明)参議院・国家安全保障に関する特別委員会



森まさこ大臣の「公明党さま」は笑えます。




(特定秘密保護法案)参議院・国家安全保障に関する特別委員会2013年11月28日


福山 哲郎(民主)
メールフォーム http://www.fukuyama.gr.jp/office/inquiry/
FAX 03-6551-0808




大野 元裕(民主)
メール sangiin.oono@gmail.com
FAX 03-6551-0618





小野 次郎(みんな)
メールフォーム http://www.onojiro.jp/question.html
FAX 03-6551-0620
追及していますが、みんなの党だから賛成するのでしょうかね。




井上 哲士(共産)
メールフォーム http://www.inoue-satoshi.com/request.html
FAX 03-6551-0321




福島 みずほ(社民)
メール mizuho-office@jca.apc.org
FAX 03-6551-1111




矢倉かつお(公明)
メールフォーム http://www.yakura-katsuo.jp/contact/
FAX 03-6551-0401
これでも国会議員? こんな大事な法案の特別委員になるのは勘弁してください。本当に



11/28のツイートまとめ

kingo999

ぱぉんさん、ハンさん、Uさんに懲役8ヶ月、執行猶予2年の判決判決をくだした長井秀典裁判長はこんな人 http://t.co/1ZcduCPVic
11-28 14:20

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-28 14:02

スイッチ20131127(甲状腺ガン、乳幼児用WBC)動画http://t.co/7NAYyAJ4ID
11-28 14:00

「そもそも総研。『原発ホワイトアウト』の著者、覆面現役官僚に原発再稼働問題でインタビュー。」をトゥギャりました。 http://t.co/kx0BkrDgpf
11-28 13:37

衆議院・国家安全保障に関する特別委員、遠山清彦(公明)議員の欺瞞 http://t.co/VL3JixTlp3
11-28 12:10

参議院・国家安全保障に関する特別委員会のメンバーの連絡先 http://t.co/sMu0wduwbQFAX、TELを追加しました。
11-28 10:50

衆議院・国家安全保障に関する特別委員の特別秘密保護法に関する認識はこんなものです。遠山清彦議員の特定秘密保護法採決の弁明 http://t.co/7uktpKKdow
11-28 09:10



衆議院・国家安全保障に関する特別委員、遠山清彦(公明)議員の欺瞞

遠山議員は、特定秘密保護号に関して11月27日にこのようなツイットをしています。


これを見ると、特に問題がないようですが、「特定秘密保護法案における罰則」はこうなっています。
第22条 1項 人を欺き、人に暴行を加え、若しくは人を脅迫する行為により、又は財物の窃取若しくは損壊、施設への侵入、有線電気通信の傍受、不正アクセス行為その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為により、特定秘密を取得した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。

不正アクセス行為の後に、「その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為」と続いています。
「その他」があるのとないのでは、大きく意味合いが変わってきます。
「その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為」は、限定されずに解釈次第ということになります。
それを、遠山議員は「その他」を意図的に書かないことにより、「保有する者の管理を害する行為」を限定されたものであるかのようにミスリードしています。
国家安全保障に関する特別委員である遠山議員が、「その他」の文字が含まれていることを知らないとは思えません。
これは、フォロワーに対しての欺瞞ではないでしょうか?



11月26日に衆院を通過した特定秘密保護法4党修正案の全文

 ◆特定秘密の保護に関する法律案に対する修正案

 26日に衆院を通過した特定秘密保護法4党修正案の全文は次の通り。(【】内が主な修正箇所)

目次

第一章 総則(第一条・第二条)

第二章 特定秘密の指定等(第三条―第五条)

第三章 特定秘密の提供(第六条―第十条)

第四章 特定秘密の取扱者の制限(第十一条)

第五章 適性評価(第十二条―第十七条)

第六章 雑則(第十八条―第二十二条)

第七章 罰則(第二十三条―第二十七条)

附則

第一章 総則

(目的)

第一条 この法律は、国際情勢の複雑化に伴い我が国及び国民の安全の確保に係る情報の重要性が増大するとともに、高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴いその漏えいの危険性が懸念される中で、我が国の安全保障【(国の存立に関わる外部からの侵略等に対して国家及び国民の安全を保障することをいう。以下同じ。)】に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものについて、これを適確に保護する体制を確立した上で収集し、整理し、及び活用することが重要であることに鑑み、当該情報の保護に関し、特定秘密の指定及び取扱者の制限その他の必要な事項を定めることにより、その漏えいの防止を図り、もって我が国及び国民の安全の確保に資することを目的とする。

(定義)

第二条 この法律において「行政機関」とは、次に掲げる機関をいう。

一 法律の規定に基づき内閣に置かれる機関(内閣府を除く。)及び内閣の所轄の下に置かれる機関

二 内閣府、宮内庁並びに内閣府設置法(平成十一年法律第八十九号)第四十九条第一項及び第二項に規定する機関(これらの機関のうち、国家公安委員会にあっては警察庁を、第四号の政令で定める機関が置かれる機関にあっては当該政令で定める機関を除く。)

三 国家行政組織法(昭和二十三年法律第百二十号)第三条第二項に規定する機関(第五号の政令で定める機関が置かれる機関にあっては、当該政令で定める機関を除く。)

四 内閣府設置法第三十九条及び第五十五条並びに宮内庁法(昭和二十二年法律第七十号)第十六条第二項の機関並びに内閣府設置法第四十条及び第五十六条(宮内庁法第十八条第一項において準用する場合を含む。)の特別の機関で、警察庁その他政令で定めるもの

五 国家行政組織法第八条の二の施設等機関及び同法第八条の三の特別の機関で、政令で定めるもの

六 会計検査院

第二章 特定秘密の指定等

(特定秘密の指定)

第三条 行政機関の長(当該行政機関が合議制の機関である場合にあっては当該行政機関をいい、前条第四号及び第五号の政令で定める機関(合議制の機関を除く。)にあってはその機関ごとに政令で定める者をいう。第十一条第一号を除き、以下同じ。)は、当該行政機関の所掌事務に係る別表に掲げる事項に関する情報であって、公になっていないもののうち、その漏えいが我が国の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるため、特に秘匿することが必要であるもの(日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法(昭和二十九年法律第百六十六号)第一条第三項に規定する特別防衛秘密に該当するものを除く。)を特定秘密として指定するものとする。【ただし、内閣総理大臣が第十八条第二項に規定する者の意見を聴いて政令で定める行政機関の長については、この限りでない。】

2 行政機関の長は、前項の規定による指定(附則第五条を除き、以下単に「指定」という。)をしたときは、政令で定めるところにより指定に関する記録を作成するとともに、当該指定に係る特定秘密の範囲を明らかにするため、特定秘密である情報について、次の各号のいずれかに掲げる措置を講ずるものとする。

一 政令で定めるところにより、特定秘密である情報を記録する文書、図画、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録をいう。以下この号において同じ。)若しくは物件又は当該情報を化体する物件に特定秘密の表示(電磁的記録にあっては、当該表示の記録を含む。)をすること。

二 特定秘密である情報の性質上前号に掲げる措置によることが困難である場合において、政令で定めるところにより、当該情報が前項の規定の適用を受ける旨を当該情報を取り扱う者に通知すること。

3 行政機関の長は、特定秘密である情報について前項第二号に掲げる措置を講じた場合において、当該情報について同項第一号に掲げる措置を講ずることができることとなったときは、直ちに当該措置を講ずるものとする。

(指定の有効期間及び解除)

第四条 行政機関の長は、指定をするときは、当該指定の日から起算して五年を超えない範囲内においてその有効期間を定めるものとする。

2 行政機関の長は、指定の有効期間(この項の規定により延長した有効期間を含む。)が満了する時において、当該指定をした情報が前条第一項に規定する要件を満たすときは、政令で定めるところにより、五年を超えない範囲内においてその有効期間を延長するものとする。

3 指定の有効期間は、通じて三十年を超えることができない。

4 前項の規定にかかわらず、政府の有するその諸活動を国民に説明する責務を全うする観点に立っても、なお指定に係る情報を公にしないことが現に我が国及び国民の安全を確保するためにやむを得ないものであることについて、その理由を示して、内閣の承認を得た場合(行政機関が会計検査院であるときを除く。)は、行政機関の長は、当該指定の有効期間を、通じて三十年を超えて延長することができる。【ただし、次の各号に掲げる事項に関する情報を除き、指定の有効期間は、通じて六十年を超えることができない。】

 【一 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物(船舶を含む。別表第一号において同じ。)

 二 現に行われている外国(本邦の域外にある国又は地域をいう。以下同じ。)の政府又は国際機関との交渉に不利益を及ぼすおそれのある情報

 三 情報収集活動の手法又は能力

 四 人的情報源に関する情報

 五 暗号

 六 外国の政府又は国際機関から六十年を超えて指定を行うことを条件に提供された情報

 七 前各号に掲げる事項に関する情報に準ずるもので政令で定める重要な情報】

【5 行政機関の長は、前項の内閣の承認を得ようとする場合においては、当該指定に係る特定秘密の保護に関し必要なものとして政令で定める措置を講じた上で、内閣に当該特定秘密を提示することができる。

6 行政機関の長は、第四項の内閣の承認が得られなかったときは、公文書等の管理に関する法律(平成二十一年法律第六十六号)第八条第一項の規定にかかわらず、当該指定に係る情報が記録された行政文書ファイル等(同法第五条第五項に規定する行政文書ファイル等をいう。)の保存期間の満了とともに、これを国立公文書館等(同法第二条第三項に規定する国立公文書館等をいう。)に移管しなければならない。】

7 行政機関の長は、指定をした情報が前条第一項に規定する要件を欠くに至ったときは、有効期間内であっても、政令で定めるところにより、速やかにその指定を解除するものとする。

(特定秘密の保護措置)

第五条 行政機関の長は、指定をしたときは、第三条第二項に規定する措置のほか、第十一条の規定により特定秘密の取扱いの業務を行うことができることとされる者のうちから、当該行政機関において当該指定に係る特定秘密の取扱いの業務を行わせる職員の範囲を定めることその他の当該特定秘密の保護に関し必要なものとして政令で定める措置を講ずるものとする。

2 警察庁長官は、指定をした場合において、当該指定に係る特定秘密(第七条第一項の規定により提供するものを除く。)で都道府県警察が保有するものがあるときは、当該都道府県警察に対し当該指定をした旨を通知するものとする。

3 前項の場合において、警察庁長官は、都道府県警察が保有する特定秘密の取扱いの業務を行わせる職員の範囲その他の当該都道府県警察による当該特定秘密の保護に関し必要なものとして政令で定める事項について、当該都道府県警察に指示するものとする。この場合において、当該都道府県警察の警視総監又は道府県警察本部長(以下「警察本部長」という。)は、当該指示に従い、当該特定秘密の適切な保護のために必要な措置を講じ、及びその職員に当該特定秘密の取扱いの業務を行わせるものとする。

4 行政機関の長は、指定をした場合において、その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために特段の必要があると認めたときは、物件の製造又は役務の提供を業とする者で、特定秘密の保護のために必要な施設設備を設置していることその他政令で定める基準に適合するもの(以下「適合事業者」という。)との契約に基づき、当該適合事業者に対し、当該指定をした旨を通知した上で、当該指定に係る特定秘密(第八条第一項の規定により提供するものを除く。)を保有させることができる。

5 前項の契約には、第十一条の規定により特定秘密の取扱いの業務を行うことができることとされる者のうちから、同項の規定により特定秘密を保有する適合事業者が指名して当該特定秘密の取扱いの業務を行わせる代表者、代理人、使用人その他の従業者(以下単に「従業者」という。)の範囲その他の当該適合事業者による当該特定秘密の保護に関し必要なものとして政令で定める事項について定めるものとする。

6 第四項の規定により特定秘密を保有する適合事業者は、同項の契約に従い、当該特定秘密の適切な保護のために必要な措置を講じ、及びその従業者に当該特定秘密の取扱いの業務を行わせるものとする。

第三章 特定秘密の提供

(我が国の安全保障上の必要による特定秘密の提供)

第六条 特定秘密を保有する行政機関の長は、他の行政機関が我が国の安全保障に関する事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために当該特定秘密を利用する必要があると認めたときは、当該他の行政機関に当該特定秘密を提供することができる。ただし、当該特定秘密を保有する行政機関以外の行政機関の長が当該特定秘密について指定をしているとき(当該特定秘密が、この項の規定により当該保有する行政機関の長から提供されたものである場合を除く。)は、当該指定をしている行政機関の長の同意を得なければならない。

2 前項の規定により他の行政機関に特定秘密を提供する行政機関の長は、当該特定秘密の取扱いの業務を行わせる職員の範囲その他の当該他の行政機関による当該特定秘密の保護に関し必要なものとして政令で定める事項について、あらかじめ、当該他の行政機関の長と協議するものとする。

3 第一項の規定により特定秘密の提供を受ける他の行政機関の長は、前項の規定による協議に従い、当該特定秘密の適切な保護のために必要な措置を講じ、及びその職員に当該特定秘密の取扱いの業務を行わせるものとする。

第七条 警察庁長官は、警察庁が保有する特定秘密について、その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために都道府県警察にこれを利用させる必要があると認めたときは、当該都道府県警察に当該特定秘密を提供することができる。

2 前項の規定により都道府県警察に特定秘密を提供する場合については、第五条第三項の規定を準用する。

3 警察庁長官は、警察本部長に対し、当該都道府県警察が保有する特定秘密で第五条第二項の規定による通知に係るものの提供を求めることができる。

第八条 特定秘密を保有する行政機関の長は、その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために、適合事業者に当該特定秘密を利用させる特段の必要があると認めたときは、当該適合事業者との契約に基づき、当該適合事業者に当該特定秘密を提供することができる。ただし、当該特定秘密を保有する行政機関以外の行政機関の長が当該特定秘密について指定をしているとき(当該特定秘密が、第六条第一項の規定により当該保有する行政機関の長から提供されたものである場合を除く。)は、当該指定をしている行政機関の長の同意を得なければならない。

2 前項の契約については第五条第五項の規定を、前項の規定により特定秘密の提供を受ける適合事業者については同条第六項の規定を、それぞれ準用する。この場合において、同条第五項中「前項」とあるのは「第八条第一項」と、「を保有する」とあるのは「の提供を受ける」と読み替えるものとする。

3 第五条第四項の規定により適合事業者に特定秘密を保有させている行政機関の長は、同項の契約に基づき、当該適合事業者に対し、当該特定秘密の提供を求めることができる。

第九条 特定秘密を保有する行政機関の長は、その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために必要があると認めたときは、外国の政府又は国際機関であって、この法律の規定により行政機関が当該特定秘密を保護するために講ずることとされる措置に相当する措置を講じているものに当該特定秘密を提供することができる。ただし、当該特定秘密を保有する行政機関以外の行政機関の長が当該特定秘密について指定をしているとき(当該特定秘密が、第六条第一項の規定により当該保有する行政機関の長から提供されたものである場合を除く。)は、当該指定をしている行政機関の長の同意を得なければならない。

(その他公益上の必要による特定秘密の提供)

第十条 第四条第五項、第六条から前条まで及び第十八条第四項後段に規定するもののほか、行政機関の長は、次に掲げる場合に限り、特定秘密を提供するものとする。

一 特定秘密の提供を受ける者が次に掲げる業務又は公益上特に必要があると認められるこれらに準ずる業務において当該特定秘密を利用する場合(次号から第四号までに掲げる場合を除く。)であって、当該特定秘密を利用し、又は知る者の範囲を制限すること、当該業務以外に当該特定秘密が利用されないようにすることその他の当該特定秘密を利用し、又は知る者がこれを保護するために必要なものとして、イに掲げる業務にあっては附則第十条の規定に基づいて国会において定める措置、イに掲げる業務以外の業務にあっては政令で定める措置を講じ、かつ、我が国の安全保障に著しい支障を及ぼすおそれがないと認めたとき。

イ 各議院又は各議院の委員会若しくは参議院の調査会が国会法(昭和二十二年法律第七十九号)第百四条第一項(同法第五十四条の四第一項において準用する場合を含む。)又は議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律(昭和二十二年法律第二百二十五号)第一条の規定により行う審査又は調査であって、国会法第五十二条第二項(同法第五十四条の四第一項において準用する場合を含む。)又は第六十二条の規定により公開しないこととされたもの

ロ 刑事事件の捜査又は公訴の維持であって、刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)第三百十六条の二十七第一項(同条第三項及び同法第三百十六条の二十八第二項において準用する場合を含む。)の規定により裁判所に提示する場合のほか、当該捜査又は公訴の維持に必要な業務に従事する者以外の者に当該特定秘密を提供することがないと認められるもの

二 民事訴訟法(平成八年法律第百九号)第二百二十三条第六項の規定により裁判所に提示する場合

三 情報公開・個人情報保護審査会設置法(平成十五年法律第六十号)第九条第一項の規定により情報公開・個人情報保護審査会に提示する場合

四 会計検査院法(昭和二十二年法律第七十三号)第十九条の四において読み替えて準用する情報公開・個人情報保護審査会設置法第九条第一項の規定により会計検査院情報公開・個人情報保護審査会に提示する場合

2 警察本部長は、第七条第三項の規定による求めに応じて警察庁に提供する場合のほか、前項第一号に掲げる場合(当該警察本部長が提供しようとする特定秘密が同号ロに掲げる業務において利用するものとして提供を受けたものである場合以外の場合にあっては、同号に規定する我が国の安全保障に著しい支障を及ぼすおそれがないと認めることについて、警察庁長官の同意を得た場合に限る。)、同項第二号に掲げる場合又は都道府県の保有する情報の公開を請求する住民等の権利について定める当該都道府県の条例(当該条例の規定による諮問に応じて審議を行う都道府県の機関の設置について定める都道府県の条例を含む。)の規定で情報公開・個人情報保護審査会設置法第九条第一項の規定に相当するものにより当該機関に提示する場合に限り、特定秘密を提供することができる。

3 適合事業者は、第八条第三項の規定による求めに応じて行政機関に提供する場合のほか、第一項第一号に掲げる場合(同号に規定する我が国の安全保障に著しい支障を及ぼすおそれがないと認めることについて、当該適合事業者が提供しようとする特定秘密について指定をした行政機関の長の同意を得た場合に限る。)又は同項第二号若しくは第三号に掲げる場合に限り、特定秘密を提供することができる。

第四章 特定秘密の取扱者の制限

第十一条 特定秘密の取扱いの業務は、当該業務を行わせる行政機関の長若しくは当該業務を行わせる適合事業者に当該特定秘密を保有させ、若しくは提供する行政機関の長又は当該業務を行わせる警察本部長が直近に実施した次条第一項又は第十五条第一項の適性評価(第十三条第一項(第十五条第二項において準用する場合を含む。)の規定による通知があった日から五年を経過していないものに限る。)において特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者(次条第一項第三号又は第十五条第一項第三号に掲げる者として次条第三項又は第十五条第二項において読み替えて準用する次条第三項の規定による告知があった者を除く。)でなければ、行ってはならない。ただし、次に掲げる者については、次条第一項又は第十五条第一項の適性評価を受けることを要しない。

一 行政機関の長

二 国務大臣(前号に掲げる者を除く。)

三 内閣官房副長官

四 内閣総理大臣補佐官

五 副大臣

六 大臣政務官

七 前各号に掲げるもののほか、職務の特性その他の事情を勘案し、次条第一項又は第十五条第一項の適性評価を受けることなく特定秘密の取扱いの業務を行うことができるものとして政令で定める者

第五章 適性評価

(行政機関の長による適性評価の実施)

第十二条 行政機関の長は、政令で定めるところにより、次に掲げる者について、その者が特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないことについての評価(以下「適性評価」という。)を実施するものとする。

一 当該行政機関の職員(当該行政機関が警察庁である場合にあっては、警察本部長を含む。次号において同じ。)又は当該行政機関との第五条第四項若しくは第八条第一項の契約(次号において単に「契約」という。)に基づき特定秘密を保有し、若しくは特定秘密の提供を受ける適合事業者の従業者として特定秘密の取扱いの業務を新たに行うことが見込まれることとなった者(当該行政機関の長がその者について直近に実施して次条第一項の規定による通知をした日から五年を経過していない適性評価において、特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者であって、引き続き当該おそれがないと認められるものを除く。)

二 当該行政機関の職員又は当該行政機関との契約に基づき特定秘密を保有し、若しくは特定秘密の提供を受ける適合事業者の従業者として、特定秘密の取扱いの業務を現に行い、かつ、当該行政機関の長がその者について直近に実施した適性評価に係る次条第一項の規定による通知があった日から五年を経過した日以後特定秘密の取扱いの業務を引き続き行うことが見込まれる者

三 当該行政機関の長が直近に実施した適性評価において特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者であって、引き続き当該おそれがないと認めることについて疑いを生じさせる事情があるもの

2 適性評価は、適性評価の対象となる者(以下「評価対象者」という。)について、次に掲げる事項についての調査を行い、その結果に基づき実施するものとする。

一 特定有害活動(公になっていない情報のうちその漏えいが我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくはこれらの散布のための装置若しくはこれらを運搬することができるロケット若しくは無人航空機又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために用いられるおそれが特に大きいと認められる物を輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって、外国の利益を図る目的で行われ、かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、又は害するおそれのあるものをいう。別表第三号において同じ。)及びテロリズム(政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう。同表第四号において同じ。)との関係に関する事項(評価対象者の家族(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。以下この号において同じ。)、父母、子及び兄弟姉妹並びにこれらの者以外の配偶者の父母及び子をいう。以下この号において同じ。)及び同居人(家族を除く。)の氏名、生年月日、国籍(過去に有していた国籍を含む。)及び住所を含む。)

二 犯罪及び懲戒の経歴に関する事項

三 情報の取扱いに係る非違の経歴に関する事項

四 薬物の濫用及び影響に関する事項

五 精神疾患に関する事項

六 飲酒についての節度に関する事項

七 信用状態その他の経済的な状況に関する事項

3 適性評価は、あらかじめ、政令で定めるところにより、次に掲げる事項を評価対象者に対し告知した上で、その同意を得て実施するものとする。

一 前項各号に掲げる事項について調査を行う旨

二 前項の調査を行うため必要な範囲内において、次項の規定により質問させ、若しくは資料の提出を求めさせ、又は照会して報告を求めることがある旨

三 評価対象者が第一項第三号に掲げる者であるときは、その旨

4 行政機関の長は、第二項の調査を行うため必要な範囲内において、当該行政機関の職員に評価対象者若しくは評価対象者の知人その他の関係者に質問させ、若しくは評価対象者に対し資料の提出を求めさせ、又は公務所若しくは公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることができる。

(適性評価の結果等の通知)

第十三条 行政機関の長は、適性評価を実施したときは、その結果を評価対象者に対し通知するものとする。

2 行政機関の長は、適合事業者の従業者について適性評価を実施したときはその結果を、当該従業者が前条第三項の同意をしなかったことにより適性評価が実施されなかったときはその旨を、それぞれ当該適合事業者に対し通知するものとする。

3 前項の規定による通知を受けた適合事業者は、当該評価対象者が当該適合事業者の指揮命令の下に労働する派遣労働者(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和六十年法律第八十八号)第二条第二号に規定する派遣労働者をいう。第十六条第二項において同じ。)であるときは、当該通知の内容を当該評価対象者を雇用する事業主に対し通知するものとする。

4 行政機関の長は、第一項の規定により評価対象者に対し特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められなかった旨を通知するときは、適性評価の円滑な実施の確保を妨げない範囲内において、当該おそれがないと認められなかった理由を通知するものとする。ただし、当該評価対象者があらかじめ当該理由の通知を希望しない旨を申し出た場合は、この限りでない。

(行政機関の長に対する苦情の申出等)

第十四条 評価対象者は、前条第一項の規定により通知された適性評価の結果その他当該評価対象者について実施された適性評価について、書面で、行政機関の長に対し、苦情の申出をすることができる。

2 行政機関の長は、前項の苦情の申出を受けたときは、これを誠実に処理し、処理の結果を苦情の申出をした者に通知するものとする。

3 評価対象者は、第一項の苦情の申出をしたことを理由として、不利益な取扱いを受けない。

(警察本部長による適性評価の実施等)

第十五条 警察本部長は、政令で定めるところにより、次に掲げる者について、適性評価を実施するものとする。

一 当該都道府県警察の職員(警察本部長を除く。次号において同じ。)として特定秘密の取扱いの業務を新たに行うことが見込まれることとなった者(当該警察本部長がその者について直近に実施して次項において準用する第十三条第一項の規定による通知をした日から五年を経過していない適性評価において、特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者であって、引き続き当該おそれがないと認められるものを除く。)

二 当該都道府県警察の職員として、特定秘密の取扱いの業務を現に行い、かつ、当該警察本部長がその者について直近に実施した適性評価に係る次項において準用する第十三条第一項の規定による通知があった日から五年を経過した日以後特定秘密の取扱いの業務を引き続き行うことが見込まれる者

三 当該警察本部長が直近に実施した適性評価において特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者であって、引き続き当該おそれがないと認めることについて疑いを生じさせる事情があるもの

2 前三条(第十二条第一項並びに第十三条第二項及び第三項を除く。)の規定は、前項の規定により警察本部長が実施する適性評価について準用する。この場合において、第十二条第三項第三号中「第一項第三号」とあるのは、「第十五条第一項第三号」と読み替えるものとする。

(適性評価に関する個人情報の利用及び提供の制限)

第十六条 行政機関の長及び警察本部長は、特定秘密の保護以外の目的のために、評価対象者が第十二条第三項(前条第二項において読み替えて準用する場合を含む。)の同意をしなかったこと、評価対象者についての適性評価の結果その他適性評価の実施に当たって取得する個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。以下この項において同じ。)を自ら利用し、又は提供してはならない。ただし、適性評価の実施によって、当該個人情報に係る特定の個人が国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)第三十八条各号、同法第七十五条第二項に規定する人事院規則の定める事由、同法第七十八条各号、第七十九条各号若しくは第八十二条第一項各号、検察庁法(昭和二十二年法律第六十一号)第二十条各号、外務公務員法(昭和二十七年法律第四十一号)第七条第一項に規定する者、自衛隊法(昭和二十九年法律第百六十五号)第三十八条第一項各号、第四十二条各号、第四十三条各号若しくは第四十六条第一項各号、同法第四十八条第一項に規定する場合若しくは同条第二項各号若しくは第三項各号若しくは地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)第十六条各号、第二十八条第一項各号若しくは第二項各号若しくは第二十九条第一項各号又はこれらに準ずるものとして政令で定める事由のいずれかに該当する疑いが生じたときは、この限りでない。

2 適合事業者及び適合事業者の指揮命令の下に労働する派遣労働者を雇用する事業主は、特定秘密の保護以外の目的のために、第十三条第二項又は第三項の規定により通知された内容を自ら利用し、又は提供してはならない。

(権限又は事務の委任)

第十七条 行政機関の長は、政令(内閣の所轄の下に置かれる機関及び会計検査院にあっては、当該機関の命令)で定めるところにより、この章に定める権限又は事務を当該行政機関の職員に委任することができる。

第六章 雑則

(特定秘密の指定等の運用基準等)

第十八条 政府は、特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施に関し、統一的な運用を図るための基準を定めるものとする。

2 【内閣総理大臣は】、前項の基準を定め、又はこれを変更しようとするときは、我が国の安全保障に関する情報の保護、行政機関等の保有する情報の公開、公文書等の管理等に関し優れた識見を有する者の意見を【聴いた上で、その案を作成し、閣議の決定を求めなければならない。】

【3 内閣総理大臣は、毎年、第一項の基準に基づく特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況を前項に規定する者に報告し、その意見を聴かなければならない。

4 内閣総理大臣は、特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関し、その適正を確保するため、第一項の基準に基づいて、内閣を代表して行政各部を指揮監督するものとする。この場合において、内閣総理大臣は、特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施が当該基準に従って行われていることを確保するため、必要があると認めるときは、行政機関の長(会計検査院を除く。)に対し、特定秘密である情報を含む資料の提出及び説明を求め、並びに特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施について改善すべき旨の指示をすることができる。】

(国会への報告等)

【第十九条 政府は、毎年、前条第三項の意見を付して、特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況について国会に報告するとともに、公表するものとする。】

(関係行政機関の協力)

第二十条 関係行政機関の長は、特定秘密の指定、適性評価の実施その他この法律の規定により講ずることとされる措置に関し、我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものの漏えいを防止するため、相互に協力するものとする。

(政令への委任)

第二十一条 この法律に定めるもののほか、この法律の実施のための手続その他この法律の施行に関し必要な事項は、政令で定める。

(この法律の解釈適用)

第二十二条 この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。

2 出版又は報道の業務に従事する者の取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、かつ、法令違反又は著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とするものとする。

第七章 罰則

第二十三条 特定秘密の取扱いの業務に従事する者がその業務により知得した特定秘密を漏らしたときは、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。特定秘密の取扱いの業務に従事しなくなった後においても、同様とする。

2 第四条第五項、第九条、第十条又は第十八条第四項後段の規定により提供された特定秘密について、当該提供の目的である業務により当該特定秘密を知得した者がこれを漏らしたときは、五年以下の懲役に処し、又は情状により五年以下の懲役及び五百万円以下の罰金に処する。第十条第一項第一号ロに規定する場合において提示された特定秘密について、当該特定秘密の提示を受けた者がこれを漏らしたときも、同様とする。

3 前二項の罪の未遂は、罰する。

4 過失により第一項の罪を犯した者は、二年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

5 過失により第二項の罪を犯した者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

第二十四条 【外国の利益若しくは自己の不正の利益を図り、又は我が国の安全若しくは国民の生命若しくは身体を害すべき用途に供する目的で、】人を欺き、人に暴行を加え、若しくは人を脅迫する行為により、又は財物の窃取若しくは損壊、施設への侵入、有線電気通信の傍受、不正アクセス行為(不正アクセス行為の禁止等に関する法律(平成十一年法律第百二十八号)第二条第四項に規定する不正アクセス行為をいう。)その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為により、特定秘密を取得した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。

2 前項の罪の未遂は、罰する。

3 前二項の規定は、刑法(明治四十年法律第四十五号)その他の罰則の適用を妨げない。

第二十五条 第二十三条第一項又は前条第一項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、五年以下の懲役に処する。

2 第二十三条第二項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、三年以下の懲役に処する。

第二十六条 第二十三条第三項若しくは第二十四条第二項の罪を犯した者又は前条の罪を犯した者のうち第二十三条第一項若しくは第二項若しくは第二十四条第一項に規定する行為の遂行を共謀したものが自首したときは、その刑を軽減し、又は免除する。

第二十七条 第二十三条の罪は、日本国外において同条の罪を犯した者にも適用する。

2 第二十四条及び第二十五条の罪は、刑法第二条の例に従う。

附則

(施行期日)

第一条 この法律は、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。ただし、第十八条第一項及び第二項(変更に係る部分を除く。)並びに附則第九条及び第十条の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)

第二条 この法律の公布の日から起算して二年を超えない範囲内において政令で定める日の前日までの間においては、第五条第一項及び第五項(第八条第二項において読み替えて準用する場合を含む。以下この条において同じ。)の規定の適用については、第五条第一項中「第十一条の規定により特定秘密の取扱いの業務を行うことができることとされる者のうちから、当該行政機関」とあるのは「当該行政機関」と、同条第五項中「第十一条の規定により特定秘密の取扱いの業務を行うことができることとされる者のうちから、同項の」とあるのは「同項の」とし、第十一条の規定は、適用しない。

(施行後五年を経過した日の翌日以後の行政機関)

第三条 この法律の施行の日(以下「施行日」という。)から起算して五年を経過した日の翌日以後における第二条の規定の適用については、同条中「掲げる機関」とあるのは、「掲げる機関(この法律の施行の日以後同日から起算して五年を経過する日までの間、次条第一項の規定により指定された特定秘密(附則第五条の規定により防衛大臣が特定秘密として指定をした情報とみなされる場合における防衛秘密を含む。以下この条において単に「特定秘密」という。)を保有したことがない機関として政令で定めるもの(その請求に基づき、内閣総理大臣が第十八条第二項に規定する者の意見を聴いて、同日後特定秘密を保有する必要が新たに生じた機関として政令で定めるものを除く。)を除く。)とする。

(自衛隊法の一部改正)

第四条 自衛隊法の一部を次のように改正する。

目次中「自衛隊の権限等(第八十七条―第九十六条の二)」を「自衛隊の権限(第八十七条―第九十六条)」に、「第百二十六条」を「第百二十五条」に改める。

第七章の章名を次のように改める。

第七章自衛隊の権限

第九十六条の二を削る。

第百二十二条を削る。

第百二十三条第一項中「一に」を「いずれかに」に、「禁こ」を「禁錮」に改め、同項第五号中「めいていして」を「酩酊して」に改め、同条第二項中「ほう助」を「幇助」に、「せん動した」を「煽動した」に改め、同条を第百二十二条とする。

第百二十四条を第百二十三条とし、第百二十五条を第百二十四条とし、第百二十六条を第百二十五条とする。

別表第四を削る。

(自衛隊法の一部改正に伴う経過措置)

第五条 次条後段に規定する場合を除き、施行日の前日において前条の規定による改正前の自衛隊法(以下この条及び次条において「旧自衛隊法」という。)第九十六条の二第一項の規定により防衛大臣が防衛秘密として指定していた事項は、施行日において第三条第一項の規定により防衛大臣が特定秘密として指定をした情報と、施行日前に防衛大臣が当該防衛秘密として指定していた事項について旧自衛隊法第九十六条の二第二項第一号の規定により付した標記又は同項第二号の規定によりした通知は、施行日において防衛大臣が当該特定秘密について第三条第二項第一号の規定によりした表示又は同項第二号の規定によりした通知とみなす。この場合において、第四条第一項中「指定をするときは、当該指定の日」とあるのは、「この法律の施行の日以後遅滞なく、同日」とする。

第六条 施行日前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。旧自衛隊法第百二十二条第一項に規定する防衛秘密を取り扱うことを業務とする者であって施行日前に防衛秘密を取り扱うことを業務としなくなったものが、その業務により知得した当該防衛秘密に関し、施行日以後にした行為についても、同様とする。

(内閣法の一部改正)

第七条 内閣法(昭和二十二年法律第五号)の一部を次のように改正する。

第十七条第二項第一号中「及び内閣広報官」を「並びに内閣広報官及び内閣情報官」に改める。

第二十条第二項中「助け、」の下に「第十二条第二項第二号から第五号までに掲げる事務のうち特定秘密(特定秘密の保護に関する法律(平成二十五年法律第 号)第三条第一項に規定する特定秘密をいう。)の保護に関するもの(内閣広報官の所掌に属するものを除く。)及び」を加える。

(政令への委任)

第八条 附則第二条、第三条、第五条及び第六条に規定するもののほか、この法律の施行に関し必要な経過措置は、政令で定める。

(指定及び解除の適正の確保)

【第九条 政府は、行政機関の長による特定秘密の指定及びその解除に関する基準等が真に安全保障に資するものであるかどうかを独立した公正な立場において検証し、及び監察することのできる新たな機関の設置その他の特定秘密の指定及びその解除の適正を確保するために必要な方策について検討し、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。】

(国会に対する特定秘密の提供及び国会におけるその保護措置の在り方)

【第十条 国会に対する特定秘密の提供については、政府は、国会が国権の最高機関であり各議院がその会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定める権能を有することを定める日本国憲法及びこれに基づく国会法等の精神にのっとり、この法律を運用するものとし、特定秘密の提供を受ける国会におけるその保護に関する方策については、国会において、検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。】

別表(第三条、第五条―第九条関係)

一 防衛に関する事項

イ 自衛隊の運用又はこれに関する見積り若しくは計画若しくは研究

ロ 防衛に関し収集した電波情報、画像情報その他の重要な情報

ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

ニ 防衛力の整備に関する見積り若しくは計画又は研究

ホ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物の種類又は数量

ヘ 防衛の用に供する通信網の構成又は通信の方法

ト 防衛の用に供する暗号

チ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の研究開発段階のものの仕様、性能又は使用方法

リ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の研究開発段階のものの製作、検査、修理又は試験の方法

ヌ 防衛の用に供する施設の設計、性能又は内部の用途(ヘに掲げるものを除く。)

二 外交に関する事項

イ 外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針又は内容のうち、国民の生命及び身体の保護、領域の保全その他の安全保障に関する重要なもの

ロ 安全保障のために我が国が実施する貨物の輸出若しくは輸入の禁止その他の措置又はその方針(第一号イ若しくはニ、第三号イ又は第四号イに掲げるものを除く。)

ハ 安全保障に関し収集した【国民の生命及び身体の保護、領域の保全若しくは国際社会の平和と安全に関する重要な情報】又は条約その他の国際約束に基づき保護することが必要な情報(第一号ロ、第三号ロ又は第四号ロに掲げるものを除く。)

ニ ハに掲げる情報の収集整理又はその能力

ホ 外務省本省と在外公館との間の通信その他の外交の用に供する暗号

三 特定有害活動の防止に関する事項

イ 特定有害活動による被害の発生若しくは拡大の防止(以下この号において「特定有害活動の防止」という。)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究

ロ 特定有害活動の防止に関し収集した【国民の生命及び身体の保護に関する重要な情報】又は外国の政府若しくは国際機関からの情報

ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

ニ 特定有害活動の防止の用に供する暗号

四 テロリズムの防止に関する事項

イ テロリズムによる被害の発生若しくは拡大の防止(以下この号において「テロリズムの防止」という。)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究

ロ テロリズムの防止に関し収集した【国民の生命及び身体の保護に関する重要な情報】又は外国の政府若しくは国際機関からの情報

ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

ニ テロリズムの防止の用に供する暗号

理由

国際情勢の複雑化に伴い我が国及び国民の安全の確保に係る情報の重要性が増大するとともに、高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴いその漏えいの危険性が懸念される中で、我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものについて、これを適確に保護する体制を確立した上で収集し、整理し、及び活用することが重要であることに鑑み、当該情報の保護に関し、特定秘密の指定及び取扱者の制限その他の必要な事項を定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。



11/27のツイートまとめ

kingo999

国家安全保障に関する特別委員会~福島地方公聴会: http://t.co/NzEtW34jOd ( #fukurofoe live at http://t.co/cZr09y4eyb)
11-27 23:22

参議院・国家安全保障に関する特別委員会のメンバーの連絡先 http://t.co/sMu0wduwbQ ( #fukurofoe live at http://t.co/cZr09y4eyb)
11-27 23:02

芝博一へのご意見・ご声援をお聞かせ下さい http://t.co/kLQO3R5t13 ( #fukurofoe live at http://t.co/cZr09y4eyb)
11-27 23:00

山本太郎「特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書」と答弁書 http://t.co/TQCZrIDRV0特定秘密を指定できる行政機関の長は、こんなにあります。安全保障には関係ないと思われる組織の長がずらりと並んでいます。
11-27 22:57

麻生邸見学ツアー訴訟で証人に――公安警部、尋問しどろもどろ(週刊金曜日) http://t.co/CnVpn5UXzz近年、反原発デモなどで混乱なく行進している市民が突然警察に理由なく逮捕されるケースが多発しているが、国家賠償請求が起こされるのは稀だ。
11-27 20:58

今国会での採決を断固阻止。参議院の国家安全保障に関する特別委員会のメンバーにメールしましょう。http://t.co/sMu0wduwbQ
11-27 20:49

官邸前に行けない人は、PC・スマホ・携帯から抗議 http://t.co/sMu0wduwbQ ( #秘密保護法 特定秘密保護法 http://t.co/3EmCYMif0p )
11-27 20:33

自民も公明もみんなの党も追い詰められています。抗議のメール・FAXを送りましょう。参議院・国家安全保障に関する特別委員会のメンバーの連絡先 http://t.co/sMu0wduwbQ
11-27 20:03

参議院・国家安全保障に関する特別委員会のメンバーの連絡先 http://t.co/sMu0wduwbQ国会前やデモに参加できない人は、メールで抗議・応援しましょう!!
11-27 19:47

参議院国家安全保障に関する特別委員会http://t.co/uXPVtBbUIS
11-27 17:42

「遠山清彦議員の特定秘密保護法採決の弁明」をトゥギャりました。 http://t.co/7uktpKKdow
11-27 17:26

\短期決戦!30名全員に働きかけよう!/ 【緊急大拡散】#秘密保護法 参院阻止! ツワネ原則を守れ!特別委員会のメンバーに集中的にメール・FAX・電話を! 《委員リスト・嘆願例文 掲載!》 ★ツイートボタンで拡散を!⇒ http://t.co/9Lkopwf64n
11-27 15:35

国会議員は 恥を知れ!「秘密保護法」衆院通過に抗議 LNTV 2013.11.26: http://t.co/G3j0IlOSDs吉良よし子、山本太郎
11-27 14:38

九州新報、「猪瀬都知事」を「イノセント知事」と誤植し高いネタクオリティを魅せつける http://t.co/LD5TvLX1UJ
11-27 14:25

戦争の作り方http://t.co/FAuvQs6m2D「政府につごうのわるいことは言わない、というきまりも作ります。」 <-- 今ココ
11-27 14:10

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-27 14:02

特定秘密を指定できる行政機関の長は、こんなにあります。安全保障には関係ないと思われる組織の長がずらり。http://t.co/TQCZrIDRV0
11-27 12:47

山本太郎「特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書」と答弁書 http://t.co/TQCZrIDRV0特定秘密を指定できる行政機関の長は、原子力防災会議、原子力規制委員会があります。
11-27 12:21

逆に聞きたい。この法案に賛成している人の意見を。http://t.co/s3CZq5AGj7
11-27 09:36

まだまだ生ぬるい、本気で反対するように激励しよう民主党 https://t.co/XBjvpK9IEJ社民党 http://t.co/lZgmZTqFmt共産党 info@jcp.or.jp生活の党 nfo@seikatsu1.jp
11-27 09:34

山本太郎議員(特区・特定秘密保護法)国会質疑20131126 http://t.co/XEmXCCIZ6k特定秘密を指定する行政機関の長の一覧 http://t.co/K1O504x2nJ
11-27 09:30

秘密保護法案:与党議員も疑問や戸惑い http://t.co/U7bgUiRMnl
11-27 06:06



参議院・国家安全保障に関する特別委員会のメンバーの連絡先

*特別委員会のメンバーの変更前のものです。わかり次第、書き換えます。

委員長 中川 雅治 自民 http://www.nakagawa-masaharu.jp/contactus.html
理事 佐藤 正久 自民 http://hige-sato.jp/office.html
理事 島尻 安伊子 自民 http://shimajiriaiko.ti-da.net/c93597.html
理事 西田 昌司 自民 http://showyou.jp/profile/?PHPSESSID=2418bmmkd65okbdkipc83r2ic2
理事 芝 博一 民主 http://www.shiba-hirokazu.com/component/jforms/1/56.html
理事 福山 哲郎 民主 http://www.fukuyama.gr.jp/office/inquiry/
理事 石川 博崇 公明 https://www.hiro-ishikawa.net/php/contact/index.php
猪口 邦子 自民 http://www.kunikoinoguchi.jp/
岩井 茂樹 自民 http://www.iwais.com/otoiawase.html
宇都 隆史 自民 http://www.utotakashi.jp/contact.html
江島 潔 自民 https://ejima-kiyoshi.sakura.ne.jp/contacts
北村 経夫 自民 http://www.tsuneo-kitamura.jp/
上月 良祐 自民 http://www.kouzuki-r.com/
佐藤 ゆかり 自民 http://www.satoyukari.jp/home/
二之湯 武史 自民 http://www.ninoyutakeshi.jp/supporter.html#map
松山 政司 自民 http://www.matsuyama-masaji.org/index.html
三宅 伸吾 自民 http://www.miyakeshingo.net/contact/
大野 元裕 民主 http://www.oonomotohiro.jp/index.html
神本 美恵子 民主 http://www.kamimoto-mieko.net/
白 眞勲 民主 http://www.haku-s.net/index.html
藤田 幸久 民主 http://www.y-fujita.com/contact/
牧山 ひろえ 民主 http://www.makiyama-hiroe.jp/
矢倉 克夫 公明 http://www.yakura-katsuo.jp/contact/
山本 香苗 公明 https://www.yamamoto-kanae.com/contact.html
小野  次郎 みん http://www.onojiro.jp/question.html
真山 勇一 みん http://mayamayuichi.jp/
井上 哲士 共産 http://www.inoue-satoshi.com/request.html
  仁比 聡平 共産 http://nihi.nihinet.info/
中山 恭子 維新 http://nakayamakyoko.net/modules/inquiry/
福島 みずほ 社民 https://www.mizuhoto.org/contact/index.html



中川雅治・委員長(自民・東京)
(FAX)03-6551-0904 (TEL)03-6550-0904

佐藤正久・理事(自民・比例)
(FAX)03-6551-0705 (TEL)03-6550-0705

島尻安伊子・理事(自民・沖縄)
(FAX)03-6551-0405 (TEL)03-6550-0405

西田昌司・理事(自民・京都)
(FAX)03-3502-8897 (TEL)03-6550-1110

芝博一・理事(民主・三重)
(FAX)03-6551-0317 (TEL)03-6550-0317

福山哲郎・理事(民主・京都)
(FAX)03-6551-0808 (TEL)03-6550-0808

石川博崇・理事(公明・大阪)
(FAX)03-6551-0616 (TEL)03-6550-0616


猪口邦子(自民・千葉)
(FAX)03-6551-1105 (TEL)03-6550-1105

岩井茂樹(自民・静岡)
(FAX)03-6551-0520 (TEL)03-6550-0520

宇都隆史(自民・比例)
(FAX)03-6551-0516 (TEL)03-6550-0516

江島潔(自民・山口)
(FAX)03-6551-1103 (TEL)03-6550-1103

北村経夫(自民・比例)
(FAX)03-6551-1109 (TEL)03-6550-1109

上月良祐(自民・茨城)
(FAX)03-6551-0704 (TEL)03-6550-0704

佐藤ゆかり(自民・比例)
(FAX)03-6551-0309 (TEL)03-6550-0309

二之湯武史(自民・滋賀)
(FAX)03-6551-0923 (TEL)03-6550-0923

松山政司(自民・福岡)
(FAX)03-6551-1124 (TEL)03-6550-1124

三宅伸吾(自民・香川)
(FAX)03-6551-0604 (TEL)03-6550-0604

大野元裕(民主・埼玉)
(FAX)03-6551-0618 (TEL)03-6550-0618

神本美恵子(民主・比例)
(FAX)03-3508-0010 (TEL)03-6550-1119

白眞勲(民主・比例)
(FAX)03-6551-1116 (TEL)03-6550-1116

藤田幸久(民主・茨城)
(FAX)03-6551-0914 (TEL)03-6550-0914

牧山ひろえ(民主・神奈川)
(FAX)03-6551-1007 (TEL)03-6550-1007

矢倉克夫(公明・埼玉)
(FAX)03-6551-0401 (TEL)03-6550-0401

山本香苗(公明・比例)
(FAX)03-6551-1024 (TEL)03-6550-1024

小野次郎(みんな・比例)
(FAX)03-6551-0620 (TEL)03-6550-0620

真山勇一(みんな・比例)
(FAX)03-6551-0320 (TEL)03-6550-0320

井上哲士(共産・比例)
(FAX)03-6551-0321 (TEL)03-6550-0321

仁比聡平(共産・比例)
(FAX)03-6551-0815 (TEL)03-6550-0815

中山恭子(維新・比例)
(FAX)03-6551-1211 (TEL)03-6550-1211

福島みずほ(社民・比例)
(FAX)03-6551-1111 (TEL)03-6550-1111



山本太郎「特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書」と答弁書

特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/185/syup/s185058.pdf

特定秘密の保護に関する法律案に関する答弁書
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/185/toup/t185058.pdf

山本太郎議員(特区・特定秘密保護法)国会質疑



質問主意書

質問第五八号

特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十五年十一月十二日

 山本太郎   


       参議院議長 山崎正昭 殿


   特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書

 政府が今国会に提出した特定秘密の保護に関する法律案(以下「本法案」という。)は、行政機関の一存で安全保障等に関わる情報を特定秘密に指定し、特定秘密の保有及び取扱いや提供を厳しく制約して国民や国会及び裁判所から秘匿し、重罰をもって特定秘密の漏えいや管理を害する行為による特定秘密の取得を禁ずるものである。
 これは報道による取材活動や国民、市民運動による情報開示の働きかけ、国会議員による行政監視の取組や公正な裁判の維持を阻害し、民主政治の存続・発展に必須の行政に対するチェック機能を喪失させることにつながる。
 また、特定秘密の取扱者について適性評価を実施することで、本人のみならず家族、同居人、親族のプライバシーにまで介入し、併せてこれらの職務従事者に重罰による行動制約をかけることで著しく人権を制限することを想定している。これが行政機関の職員のみならず契約業者の役職員又は都道府県警察の職員まで対象となることから、公益通報者保護法に規定された内部告発者の保護の趣旨が空文化され、不正告発の抑止につながることは明白である。
 また、特定秘密の指定に関し基準があいまいであり、指定期間が五年ごとに延長でき、三十年を超える場合も内閣の承認で可能としていることは、国民に知られると不都合な情報を永遠に秘匿することにすらつながる。過去に「日米核密約」があったことや、原子力発電に関する情報開示が不十分で行政や電力会社に対するチェック機能が働かず、重大な原発災害を招いてきた経過に照らしても、主権者たる国民の「知る権利」を阻害し、国民が求める行政の透明性向上の願いに逆行するものである。
 本法案が安全保障会議設置法等の一部を改正する法律案(NSC設置法案)と一体のものとして提案されたことは、集団的自衛権行使に踏み出し、日米軍事同盟の機能強化を進めようとする安倍政権が、同盟国との軍事情報共有を念頭にしているものと思われ、国際紛争を平和的・非軍事的に解決することを国是とした日本国憲法の立場を否定する方向であることも看過できない。
 そこで、以下質問する。

一 本法案でいう特定秘密の指定権者であり、特定秘密の取扱者に対する適性評価の実施者である行政機関の長の具体的な役職名を全て明らかにされたい。

二 本法案を米国、英国、独国及び仏国の特定秘密の指定基準と比べた場合、いずれの国もやがて全情報が公開されることを前提に、秘密、機密、極秘のような三段階に評価分けして指定解除期間や取扱者のレベルを区分しているのに対し、本法案は秘密指定の段階もなく評価基準があいまいであり、指定期間(秘匿期間)も五年たつごとに延長可能な上、三十年以上の秘匿も内閣承認で可能である。これは、情報公開制度を根本において否定するものであり、民主国家の在り方、行政の透明性について、米国等からの大きな立ち遅れを生むものと考えるが、政府の見解を明らかにされたい。

三 米国における秘密保護法制と本法案及び我が国での情報公開制度を比べた場合、日本ではアメリカ連邦政府情報公開法のような行政の透明性や知る権利を司法制度も含めて保証する法制度が確立していない。例えば、米国の場合、政府が情報開示請求に不開示決定を行い請求者がこれを不服とした場合、直ちに審査は司法の場に移され、政府には不開示決定の適法性について立証責任が生ずるが、我が国では不服申立てを受けた情報公開・個人情報保護審査会が、政府の不開示決定を相当と認めればそれまでである。その後、裁判で開示請求の正当性を争っても、同審査会の決定を理由として、開示請求者の求めが認められることは難しい。このような状況下、国民の知る権利が特定秘密保護法制によって一方的に制限・縮小される恐れがあるといえるのではないか。

四 本法案の特定有害活動の規定について、報道による取材活動や市民運動の活動家による行動が該当する可能性はあるか。また、具体的に想定されている特定有害活動の事例を示されたい。

五 本法案第二十一条で「この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない」とされることについて、報道の自由に対し、どのように具体的に配慮するのか。「法律を拡張して解釈」するとは、具体的にどのようなことをいうのか。また、政党や宗教団体の機関紙は、その配慮の対象となるのか。

六 本法案では特定秘密の取扱者について、大臣、政務官等を除き適性評価を受けることになるが、これが行政機関職員や契約業者の就業者等の中で「忠誠度の高いもの」、「そうでないもの」という区分を生み、組織運営や人事取扱い上の不都合、差別・不利益をもたらすのではないか。適性評価を受けることを拒否した者について、人事上の不利益取扱いが生じないようどのような措置をとるのか。また、適性評価の結果、特定秘密取扱いに不適性と結果が出た者に対する人事上の不利益取扱いが生じないようどのような措置をとるのか。

七 本法案による適性評価は家族、同居人、親族にいたるまでの調査が想定されているが、これらに対する調査は対象者本人の同意は取らず無断で行うのか。評価を受ける者が提供する情報以外に、どのようにして家族、同居人、親族についての情報を得るのか。

八 本法案に基づく適性評価を受け特定秘密の取扱者になった場合、故意・過失ともに秘密漏えいの際、厳罰を受けることになるが、これは行政機関職員、契約業者の役職員等が、特定秘密に関わる問題での不正に対する内部告発を行うことを抑制することになるのではないか。本法案については、公益通報者保護法との関連について何ら触れられていないが、内部告発者保護と本法案による重罰による行動制約の関係につき、政府の見解を示されたい。

九 自由民主党所属議員が「国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案」を提出した昭和六十年六月以来、本法案が想定する特定秘密に当たる情報が漏えいした重大な事案が発生したことはあるか。具体的に示されたい。

十 本法案の目的(第一条)に「高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴いその漏えいの危険性が懸念される中」とあるが、これは本来サイバーセキュリティの分野の問題であり、そうした方面での具体的・技術的対策こそ強化されるべきではないか。本法案が高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴う情報漏えいの危険にどの条項でどのように対処することを規定し、具体的にどのようにセキュリティが向上することを想定しているのか、具体的に示されたい。

  右質問する。


------------------------------------------------------------------

参議院議員山本太郎君提出特定秘密の保護に関する法律案に関する質問に対する答弁書

一について
 お尋ねの特定秘密の保護に関する法律案 (以下 「本法案」 という。 ) における行政機関の長は、 内閣総理大臣、 内閣法制局長官、 原子力防災会議、 安全保障会議、 中心市街地活性化本部長、地球温暖化対策推進本部長、 高度情報通信ネツトワーク社会推進戦略本部長、 都市再生本部長、 知的財産戦略本部長、 構造改革特別区域推進本部長、 地域再生本部長、 郵政民営化推進本部長、 道州制特別区域推進本部長、 総合海洋政策本部長、 宇宙開発戦略本部長、 総合特別区域推進本部長、 社会保障制度改革国民会議、 人事院、 宮内庁長官、 公正取引委員会、 国家公安委員会、金融庁長官、消費者庁長官、総務大臣、公害等調整委員会 、 消防庁長官、 法務大臣、 公安審査委員会、 公安調査庁長官、 外務大臣、 財務大臣、 国税庁長官、 文部科学大臣、 文化庁長官、 厚生労働大臣、 中央労働委員会、 農林水産大臣、 林野庁長官、 水産庁長官、 経済産 業大臣、 資源エネルギー庁長官、 特許庁長官、 中小企業庁長官、 国土交通大臣、 運輔安全委員会、 観光庁長官、 気象庁長官、 海上保安庁長官、 環境大臣、 原子力規制委員会、 防衛大臣、警察庁長官及び会計検査院のほか、 本法案第二条第四号及び第五号の政令で定める機関について、 その機関ごとに政令で定める者


(合議制の機関にあっては、 当該機関) である。
二及び三について
 特定秘密である情報が記録された文書等については、 行政機関の保有する情報の公開に関する法律 (平成十一年法律第四十二号。 以下 「情報公開法」 という。 ) 第二条第一一項の行政文書として情報公開法が適 用される。 また、 本法案の適用に当たっては、 本法案第二十一 条第} 項(の規定により、 国民の知る権利の 保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならないこととされている。
 したがっ て、 本法案は、 御指摘の 「情報公開制度を根本において否定するもの」 でも、「国民の知る権 利が 一方的に制限・縮小される恐れがある」 ものでもないと考えている。
 なお、 情報公開法第十八条の規定に基づき丶 開示決定等について行政不服審査法 (昭和三十七年法律第 百六十号) による不服申立てがあったときは、 当該不服申立てに対する裁決又は決定をすべ き行政機関の長は、 原則として情報公開・個人情報保護審査会に諮問した上で裁決又は決定をすることとなるが、開示 決定等の取消しを求める訴訟がその後に提起された場合にも、情報公開・個人情報保護審査会の答申は、 裁判所の判断を拘束するものではなく、また、不服申立てを経ない当該訴訟の提起も、 もとより可能である。

四について
 お尋ねの 「報道による取材活動」 や 「市民運動の活動家による行動」 が、 具体的に何を指すのかが必ずしも明らかではないが、 これらが外国の利益を図る目的で行われるものでなく、 又は我が国及び国民の安全を著しく害し、 若しくは害するおそれのあるものでなければ、 特定有害活動に該当しない。 特定有害活 動の具体的な事例としては、 外国の工作機関が日本人の拉致を行う活動が挙げられる。

五について
 お尋ねの 「報道の自由に対し」 、 「十分に配慮しなければならない」 とは、 本法案の適用に当たって、報道の自由が不当に制約されることのないように配慮することをいう。
また、 お尋ねの 「法律を拡張して解釈」 するとは、 一 般に、 法律の規定を、 その通常意味するところを 超えて広く解釈することをいぃ丶 例えば、 本法案の別表のある文言をその通常意味するところよりも広く 解釈して特定秘密の指定を行うことである。
さらに、 お尋ねの 「政党や宗教団体の機関紙」 が、 具体的に何を指すのかが必ずしも明らかではないが、 これらが本法案に規定する報道に該当する場合には、 配慮の対象となるものと考えている。

六について
 本法案第十六条においては、 行政機関の長等は、 特定秘密の保護以外の目的のために、 適性評価の実施 に同意しなかったこと等の個人情報を自ら利用し、 又は提供してはならないこととされており、 適性評価 制度の導入により、 御指摘の 「組織運営や人事取扱い上の不都合、 差別 ・ 不利益をもたらす」 ことはない と考えている。

七にっいて
 評価対象者の家族等の氏名等の情報は、 主として、 評価対象者から入手することが想定されるが丶 いず れにせよ、 適性評価は、 あらかじめ、 調査を行う旨を評価対象者に対し告知した上で丶 その同意を得て実 施するものである。

八について
 公益通報者保護法 (平成十六年法律第百二十二号) 第二条第三項の通報対象事実は、 それ自体が特定秘 密であることが想定し難く、 本法案にっいて、 御指摘の 「内部告発を行うことを抑制することになる」 ものとは考えていない。

九について
 特定秘密に該当し得る情報が漏えいした重大な事案としては、 例えば、 平成十七年に発生した中国潜水 艦の動向に関する情報の漏えい事件がある。

十について
 特定秘密を保有する行政機関の長等は、 本法案第五条第一項等の規定により、特定秘密の保護に関し必 要なものとして政令で定める措置を講ずるものとされるが、 こうした措置には、 特定秘密を電磁的記録で 保存し丶 又は伝達する際に暗号化すること等が含まれると考えられる。 これにより、 不正アクセス等による情報漏えいの危険性が低減し、 お尋ねの 「セキュリティが向上する」 ものと考えている。



11/26のツイートまとめ

kingo999

自民もみんなも特定秘密保護法の採決に賛成しなかった人がいた。公明は、全員賛成。
11-26 20:56

今は、日本に本当の民主主義を打ち立てる戦いの最中。2011年に生まれた子どもが、20歳になるまでには完成するでしょう。長い闘い、焦らず、コツコツと行きましょう。
11-26 20:52

参院で止めよう!!特定秘密保護法
11-26 20:24

国会に行けない人はメールで抗議。強行採決反対の一言でも。自民 https://t.co/PzUfe2lYhg公明 https://t.co/Gz72yPoSoPみんな https://t.co/amfSyCHP01維新 https://t.co/co6hRstqW4
11-26 17:50

本会議を開かないように応援民主党 https://t.co/XBjvpK9IEJ社民党 http://t.co/lZgmZTqFmt共産党 info@jcp.or.jp生活の党 nfo@seikatsu1.jp
11-26 17:38

「強行採決反対」の一言でいいので、メールしませんか?自民 https://t.co/PzUfe2lYhg公明 https://t.co/Gz72yPoSoPみんな https://t.co/amfSyCHP01維新 https://t.co/co6hRstqW4
11-26 17:28

本会議を開かないように応援民主党 https://t.co/XBjvpK9IEJ社民党 http://t.co/lZgmZTqFmt共産党 info@jcp.or.jp
11-26 17:16

ネットでも抗議行動はできます。自民 https://t.co/PzUfe2lYhg公明 https://t.co/Gz72yPoSoPみんな https://t.co/amfSyCHP01維新 https://t.co/co6hRstqW4
11-26 17:10

福島県県民健康管理調査検討委員会の秘密会議で、星北斗氏は住民側に立った発言をする役割が決められていた。国会における公明党もその役割を演じているだけ。騙されるな!
11-26 17:03

311直後に「枝野、寝ろ」と言われていたが、今こそ言うときだ「枝野、寝ろ」(審議拒否を隠語で「寝る」と言います)
11-26 16:50

「秘密保護法」とつぶやいている衆議院議員http://t.co/jFJeQCwjJI
11-26 16:07

議員ツイッターみんなの党 http://t.co/3ObvHuVAsa公明党 https://t.co/M49dK4cS0a
11-26 16:04

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-26 14:02

特定秘密保護法案の衆院・国家安全特別委員会での強行採決の様子http://t.co/Bwc33rlzyi賛成の議員 http://t.co/Mibu0vPdJE
11-26 11:40

特定秘密保護法案の衆院・国家安全特別委員会での強行採決(2013/11/26): http://t.co/QctM0PkD76強行採決の瞬間
11-26 11:35

「第三者委員会を設立して・・・」などと言うが、利害関係を持たない人物を集めるとはとても思えない。権力にとって都合のいい意見を言う者を集めるに決まっている。原子力規制委員会をみれば、誰だってわかる。
11-26 10:19

国民の生命を守るための情報収集衛星で撮った原発事故の画像は、秘密保全のために公開されなかった。国民の生命を守るよりも秘密を守ることが優先された。http://t.co/lzAH4yeyZK
11-26 09:55

消費税を10%にするときの軽減税率よりも、8%に増税するときの軽減税率を話し合えよ。8%でも10%でも食料品は0%だ。新聞に軽減税率の必要はない。
11-26 09:42

「長崎大学 高村昇」のとんでもない講演の内容入手 - とある原発の溶融貫通(メルトスルー) http://t.co/3PqxaB7t5y
11-26 08:19

ツワネ原則日本語訳PDFhttps://t.co/muQn1C7mvl
11-26 08:17

<学校給食は1ベクレル/㎏規制に!>実際には1.1ベクレルでいろんな被害が出ている11/21ウクライナ調査結果・小若順一氏(内容書き出し) http://t.co/l6dlF6MPhm
11-26 08:04

41万件もあって、なにが特定だ。不特定多数秘密保護法だな。
11-26 06:54



11/25のツイートまとめ

kingo999

遠山清彦(公明)「特定秘密保護法は拡張解釈はできない」遠山議員へのご意見・ご要望http://t.co/tHTjcJcao1国家安全保障に関する特別委員会~福島地方公聴会: http://t.co/NzEtW34jOd
11-25 18:34

今津寛(自民)「特定秘密保護法は、最初は反対の方が多かったが、最近は賛成の方が多くなった」今津寛へのお問い合わせ・ご意見http://t.co/QO7AdDqRmD国家安全保障に関する特別委員会~福島地方公聴会: http://t.co/NzEtW34jOd
11-25 18:24

国家安全保障に関する特別委員会~福島地方公聴会: http://t.co/NzEtW34jOd余りにひどい与党議員の法案に対する認識
11-25 18:02

♪ ひみつの保全法 ( ひみつのアッコちゃん ) by ジョニーH http://t.co/HHGj4CDo1v国民の前では とぼけてる うそつきおすまし それはなあーぜそれは新聞も テレビの中からも ツン ツツン権力者の嘘を たたけない ツン ツツン
11-25 15:34

「【国家安全保障に関する特別委員会~福島地方公聴会】与党議員に対する突っ込み」をトゥギャりました。 http://t.co/dgsKYAH0PV
11-25 14:18

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-25 14:02

「田中龍作さん【秘密保護法・福島公聴会】の中継」をトゥギャりました。 http://t.co/UXRrkiZIOq
11-25 13:15

東京新聞:牛久 廃案求めデモ行進:茨城(TOKYO Web) http://t.co/D16qfTYpPl
11-25 08:21

東京新聞:秘密保護法案 「若者の間にも警戒心」 水戸:茨城(TOKYO Web) http://t.co/MUZzKE2zAu
11-25 08:21

東京新聞:子孫の利益考えよう 思想史家・片山杜秀さん:社会(TOKYO Web) http://t.co/gQp2snHqWk
11-25 08:21

秘密法と沖縄 悪法で憲法壊すのか 過重負担を強要するな - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース http://t.co/UmcmyRA1QX
11-25 08:19



11/24のツイートまとめ

kingo999

猪瀬さんのポスターって、こんなのでしたっけ? http://t.co/YS9bcZb526
11-24 16:48

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-24 14:02

秘密保護法 共謀罪 心の中も取り締まる http://t.co/X4WQDFI4RW
11-24 13:33

秘密保護法「もの言えぬ社会に」 一関で緊急学習会 http://t.co/JCd9P4ZX6r
11-24 13:32

特定秘密保護法案:問題点など指摘 岐阜・弁護士講演 /岐阜 http://t.co/3BvbqV4Dec
11-24 13:32

特定秘密保護法案:「国民が政府監視対象に」 和歌山で反対集会 /和歌山 http://t.co/BW6EbPUW3C
11-24 13:32

特定秘密保護法案:「絶対に許さない」 県総決起集会に150人 /福井 http://t.co/SnkoihKER6
11-24 13:31

<さよなら猪瀬>都知事選をやり直そう! http://t.co/vKck4cKCCs猪瀬さんを知事に選んだ東京都民として、反省の意味を込めて、オリンピックを辞退することにします。(なんて、なりませんかね。)
11-24 12:50

日本は文化国家だと思って育ってまいりました。それが今壊される11/20見城美枝子さん(文字起こし) http://t.co/zeGr15lP2A
11-24 10:42

秘密保護法を阻止するためできること』 http://t.co/RuyaSKUSBv
11-24 10:41

【署名】TPP交渉からの撤退を求めよう!秘密主義にNO!https://t.co/VlckTG4Nmz
11-24 08:17



11/23のツイートまとめ

kingo999

渡辺代表、新しいロゴができたようですね。次の選挙のポスターはこれでしょうか? http://t.co/dFqmK0MEF4
11-23 19:32

アイリーン・美緒子・スミスさんが語った、水俣と福島に共通する10の手口http://t.co/lgkuf3CVN4
11-23 15:11

「秘密保護法反対」1万人が怒りの声上げる | OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー http://t.co/CsrLQUEozy
11-23 14:31

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-23 14:02



11/22のツイートまとめ

kingo999

徳洲会をガサ入れして、新潟知事をあげようとしたら、東京知事が引っかかったってことかな?
11-22 18:03

ご用心! 多摩地区で「東電」装う詐欺急増 警察・市役所・東電が連携で注意ビラ配布 - MSN産経ニュース http://t.co/wJTSXNidPD東電が、注意を呼びかけているとのこと。詐欺なら、東電の方が上手をいってますよ。
11-22 17:50

kさんに有罪判決をくだした福岡地裁刑事一部・野島秀夫 http://t.co/tevsofPCsh
11-22 17:29

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-22 14:02

福岡地裁刑事一部・野島秀夫裁判長がKさんに対して、1年6月、執行猶予3年の判決。オキュパイ大飯で機動隊に野花を飾っていた女性が福岡で逮捕: http://t.co/b4B11OKVzt
11-22 12:34

傷害事件でっち上げのkさんの判決求刑通り、1年6月、執行猶予3年。http://t.co/eF8ZCu0wh4kさんはこんな人です。http://t.co/7oLvzUcn2r
11-22 11:58



11/21のツイートまとめ

kingo999

Reading:特定秘密保護法案に反対 大規模集会 NHKニュース http://t.co/ueU6TP9err
11-21 21:38

宣言!私は特定秘密保護法案に賛成した議員には、今後どんな選挙においても投票しないことをここに誓います。
11-21 18:44

みんなの党と維新は第二・第三自民党。公明党は自民党の派閥の一つ、自民党信濃町派。
11-21 14:42

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-21 14:02

ナチ党が全権委任法を成立させ、ワイマール憲法を事実上停止状態にしたように、自民党とその補完勢力は、憲法解釈の見直しで集団的自衛権を認めさせたり、秘密保護法で国民の基本的人権に制限を与えたり、憲法を事実上変えようとしている。麻生の言っていたように事が進んでいる。
11-21 11:54

キャスターらが反対集会 秘密保護法「取材全て不当に」 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/jAKjyhYcNb
11-21 11:44

山口代表2013/09/19「知る権利、取材、報道の自由など、基本的人権との関わりは極めて重要だ」「法律的な議論のみならず、報道関係や弁護士会など各界の意見を聞きながら、是非を検討すべきだ」http://t.co/JTgChvh8n4日本弁護士連合会は法案反対です。
11-21 10:03

東京新聞が公明党を痛烈に批判しています。 - country-gentleman - Yahoo!ブログ http://t.co/rVWAyJfcQt
11-21 06:03



11/20のツイートまとめ

kingo999

特定秘密保護法案:STOP!秘密保護法集会−−あす大阪北区で /大阪 http://t.co/kkW9AA2GZq
11-20 15:15

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-20 14:02

秘密法修正協議 民主主義を壊す妥協だ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース http://t.co/JwMg7PrGg8
11-20 12:40

秘密保護法 修正合意 問題点は解消されない http://t.co/NeuU0Twc5Y
11-20 12:40

【秘密保護法案の修正協議】 法案の根幹変わらず 与党、懸念払拭へ躍起 : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース) http://t.co/OqnhpK4ZDc
11-20 12:39

高知新聞:高知のニュース:社説:【秘密保護法案】修正しても本質は不変だ http://t.co/tuZJCQ2qr1
11-20 12:38

特定秘密保護法案に賛成した「みんなの党」渡辺善美の終わり(天木 直人) - Y!ニュース http://t.co/VxEzkIYs4A
11-20 12:04

東京新聞:秘密保護法成立へ一直線 公明党の大罪:特報(TOKYO Web) http://t.co/RP5wKJ0P4U
11-20 10:13



11/19のツイートまとめ

kingo999

「みんなの党」の改名を考えましょう。1.官僚の党2.1%のための党3.自民の友何かありませんか?
11-19 17:54

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-19 14:02

どうせ政治なんてそんなもの、などとわかったようなことを言うよりも、精一杯あがきましょう。そのあきらめの悪さが、いつか実を結ぶことを信じて。超緊急拡散&署名願⇒ 【秘密保護法案に反対の一票を!有権者はあなたを見ています-48時間署名】http://t.co/8xiAwOZ8Wz
11-19 13:03

超緊急拡散&署名願⇒ 【秘密保護法案に反対の一票を!有権者はあなたを見ています-48時間署名】 http://t.co/8xiAwOZ8Wz特定秘密保護法に反対の方は、是非意思表示をしましょう。自分が世間に流されないために。
11-19 12:35

びわこ☆123キャンプ 2013年 冬☆ 募集要項  http://t.co/P53hXDCM49
11-19 09:44

みんなの党所属議員ツイッターhttp://t.co/3ObvHuVAsaお別れのあいさつをしておきましょう。
11-19 07:42

みんなの党渡辺喜美代表 FAX03-3508-3906 メール yoshimi@nasu-net.or.jp
11-19 07:01



11/18のツイートまとめ

kingo999

「自公維み」の共同修正案、19日昼めど 秘密保護法 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/sfWQh9vFnL維新は修正案に乗ると思っていたが、みんなまでもか。
11-18 20:01

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-18 14:02

(秘密保護法案)「政治家に守秘義務」意義 佐々淳行氏 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/0h0U6g2NWZ
11-18 11:48

中日新聞:秘密保護法ノー 富山で学習会「若者の関心低さ懸念」:富山(CHUNICHI Web) http://t.co/0e3QLRie2l
11-18 11:47

東京新聞:特定秘密保護法案 「官僚のための法」:群馬(TOKYO Web) http://t.co/BuNrkU4qqt
11-18 11:47

秘密保護法、民主案は罰則懲役5年以下 禁止事項も明記 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/zo2hbClZpG
11-18 11:47

【拡散希望】びわこ☆1・2・3キャンプ2013年冬キャンプの募集始めました!!http://t.co/HHYhyrlczo
11-18 09:29



11/17のツイートまとめ

kingo999

秘密保護法は、第21条があるから基本的人権は守られると言われているが、21条がなければ基本的人権は守られないのか。憲法で保障されているものを法律に書かないと守られないのか。根本がおかしいのでは。http://t.co/ZEyimhLGxw
11-17 22:15

「西山事件」の西山太吉元毎日新聞記者会見11/15日本外国特派員協会(文字起こし) http://t.co/gGRJ2zLEaV
11-17 17:13

原発止めたら計画停電になり、死者がいっぱい出る。と騒いでいた人たちは今なにをしているのか?
11-17 14:36

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-17 14:02

衆院通過「今週中に」 秘密保護法で中谷氏 - MSN産経ニュース http://t.co/9b5fGLaDIN
11-17 10:15

秘密保護法案「強く反対」と声明 四国弁連 高知 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/4nMD8Zj3Ep
11-17 10:14

「秘密守って民守らず」官邸前で連続抗議~秘密保護法 | OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー http://t.co/5T7m4ItIZw
11-17 10:13



11/16のツイートまとめ

kingo999

アノニマス・ハッカーに禁固10年 秘密保護法施行後の日本を予告 #BLOGOS http://t.co/m5mVTuqHPu
11-16 19:16

第三者機関「今後の課題」と修正 秘密保護法で森担当相(北海道新聞) http://t.co/JqVOe9uih0
11-16 19:15

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-16 14:02

社説:秘密保護法案を問う…報道の自由 http://t.co/CKgfEDlYkx
11-16 09:48

荻原博子さんら女性12人、秘密保護法反対訴え - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/FEwkVHvHts
11-16 09:22

秘密保護法案 修正より廃案に全力を(11月16日)(北海道新聞) http://t.co/RlOvpJGrgF
11-16 09:21

秘密保護法 修正協議 悪法を手直ししても http://t.co/QALsd7tNZa
11-16 09:20

高知新聞:高知のニュース:社説:【秘密保護法案】審議で深まるのは疑念 http://t.co/bYkLmZqGnA
11-16 09:20



11/15のツイートまとめ

kingo999

奈良学園の工藤博幸氏「生徒を福島に連れて行くのは山本太郎さんも認めているレベル」 http://t.co/jF6zERGZLX
11-15 19:43

131115「女性たちは秘密保護法に反対する」記者会見http://t.co/VTys0x7YN1
11-15 19:35

自民党・礒崎陽輔首相補佐官: キャスターが「この法案は、廃案にさせなければならない」と言いました。明らかに放送法に規定する中立義務違反の発言です。 http://t.co/GSKFvTPRu3
11-15 19:21

秘密保護法 衆院審議 食い違うことの危うさ http://t.co/NCxuiAxP3h
11-15 17:09

特定秘密保護法案:廃案へ宣伝活動 小倉で17、24日 /福岡 http://t.co/31PuYzukGD
11-15 17:08

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-15 14:02

秘密保護法は、国民に広く知れ渡る前に成立させるために、急いでいるのかと思っていたが、法案を通してから修正するなどとありえないことを言いだした。よほど早急に隠したいことがあるのだろう。野党は、適当なところで妥協せず、とにかく時間をかけて十分審議してほしい。
11-15 12:40



11/14のツイートまとめ

kingo999

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-14 14:02



11/13のツイートまとめ

kingo999

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-13 14:02



11/12のツイートまとめ

kingo999

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-12 14:02

小倉駅なうゴボ天うどん(かしわ入) http://t.co/v5er4CrRVp
11-12 12:11



11/11のツイートまとめ

kingo999

山本太郎への殺人予告https://t.co/LKr1pXhPdX
11-11 21:16

日本外国特派員協会:「特定秘密保護法案」は報道の自由及び民主主義の根本を脅かす悪法であり、撤回、または大幅修正を勧告します。http://t.co/C2FaYQ4r8w
11-11 18:33

広瀬隆氏「あの規制委員会のど素人のあんな奴らに命をかけちゃダメだ」11/10福岡(音声・文字起こし) http://t.co/f2e5vCMM9N
11-11 16:37

秘密保護法は国民をテロリストから守るのではなく、国民をテロリストに認定する法律じゃないの?
11-11 16:29

秘密保護法案『第二十一条 この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。』これは努力規定。これでは「知る権利」は守れない。
11-11 16:27

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-11 14:02

再生可能エネルギーがないと原発依存度を下げられないような発言。https://t.co/4xuuz1XTzzさすが、再稼働推進派の議員です。http://t.co/jUQhDvkev7
11-11 12:06

22年五輪、招致断念へ=住民投票で反対多数―独ミュンヘンhttp://t.co/Vn02adflpwIOCの商業主義に地方が踏 みにじられるのはイヤという声のほうが大きかったそうです。日本とは大違い。
11-11 11:12

自民党議員やマスコミは山本太郎議員に説教できるのか?(志葉玲) - Y!ニュース http://t.co/r1zEw1UWrz
11-11 10:35

社説:秘密保護法案を問う テロ・スパイ捜査 http://t.co/N4Qjpt8E9n
11-11 09:32



続きを読む

11/10のツイートまとめ

kingo999

緊急!Kさん厳罰求刑抗議、無罪!情宣。 - 福岡市民救援会http://t.co/yEKsyWCjDeオキュパイ大飯で機動隊に野花を飾っていた女性が福岡で逮捕http://t.co/b4B11OKVzt
11-10 19:36

「行政は私たちを守らない」と主人と放射能の測定結果を見てそう感じました。(文字起こし) http://t.co/DaGuRMWWBy
11-10 19:31

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-10 14:02

「山本氏に議員の資格なし」と言っている自民党の世耕弘成は、民主党の林久美子と再婚している。林久美子は、原発事故当時、文科省の政務官で「放射線量の基準についてなど、事実確認もせず、虚偽の噂を流布している方々を見受けます。」とツイート。https://t.co/jDqA6jWKYH
11-10 11:52

この国で許されないこと。子どもに20ミリ被ばくさせる < 食品メニュー偽装 < 天皇に手紙を渡す
11-10 10:05

朝日DEGITAL【特定秘密保護法案アンケート】http://t.co/nzXOfSudkY
11-10 08:48

【緊急大拡散!】11/12(火)昼12時~秘密保護法案反対デモ!(大阪弁護士会主催)11時半に弁護士会館前に集合下さい!! http://t.co/GhhIv1nvQ0
11-10 08:44

(秘密保護法案 体験から問う)国会が監視できない - 朝日新聞デジタル (http://t.co/z4sypWVedk) http://t.co/s79PZ7LJZD
11-10 06:17



11/09のツイートまとめ

kingo999

【福島民報】20ミリシーベルト以下 健康影響なし原子力規制委員会が、年間の追加被ばく線量が20ミリシーベルト以下であれば健康に大きな影響はないという見解を提言に盛り込む方針を固めたことが8日、分かった。 http://t.co/ftV81mtnAX
11-09 21:09

わいせつ投稿、盗撮…警部と巡査を書類送検http://t.co/otmnVdPk3I大阪府警の警部がわいせつ画像をインターネットに掲載、兵庫県警の巡査が駅で女性を盗撮した疑いで、それぞれ書類送検された。
11-09 16:55

リーガル・ハイ第9話 「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!」http://t.co/1B9ZBBWLrf本当によかったよかった。これで土地も水も甦るんでしょう。病気も治るんでしょう。工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれど、きっともう問題は起こらないんでしょう。
11-09 16:23

これから7年間、政府の意向に沿わない人は弾圧しますよ宣言。http://t.co/8uJOEkdMNE
11-09 15:07

東京新聞:秘密保護法案 厳罰は必要か 15年で5件 最高でも懲役10月:政治(TOKYO Web) http://t.co/DUiaTSjX5E
11-09 15:02

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-09 14:02

特定秘密保護法案 監視・検証の仕組みが不可欠:佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun :佐賀新聞の論説 http://t.co/KYhjQauzTu
11-09 12:36

秘密法審議入り 不公正を隠蔽する悪法だ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース http://t.co/eKnz7DdAc7
11-09 12:32

警察庁長官 五輪開催で治安確保を指示 http://t.co/7uyl2g9JYQ!?(゚〇゚;)マ、マジ 『テロと無関係だった個人が、インターネットの影響などで突然テロリストになるケースが相次いでいることにも触れ、開催国の警察として治安を守る責任を果たすよう指示しました。』
11-09 11:10

情報公開法改正案、法案提出者は枝野幸男議員。あんたがメルトダウンの情報を隠したんじゃないの?
11-09 10:57

特定秘密保護法案、「秘密」拡大解釈に警戒 脱原発の市民ら http://t.co/ssvUIOfkGt
11-09 10:40

秘密保護法案に6割「ノー」 - 中国新聞 http://t.co/L6CsdZm5Om 通行人に声を掛け、投票ボードの「賛成」「反対」「分からない」のいずれかにシールを貼ってもらった。反対が63・7%を占め、分からない24・7%(47人)、賛成11・6%(22人)だった。
11-09 10:38

特定秘密保護法 NO!永田町アクション131108 http://t.co/SiG6K9PquP推進している政治家のみなさん、国民の声を聴いてください。
11-09 09:42

特定秘密の保護に関する法律案(131108) .町村信孝(自民)、大口善徳(公明)、岩屋毅(自民)、橋本岳(自民)http://t.co/GZ0ZkFzM4X
11-09 09:14

福岡のKさん、求刑は、1年6か月!! - 福岡市民救援会 http://t.co/bpokJ65aeB
11-09 00:07

町村;「知る権利が国家や国民の安全に優先します」という考え方は基本的な間違いがある。特定秘密の保護に関する法律案(131108): http://t.co/buhlKjo8b7
11-09 00:01



11/08のツイートまとめ

kingo999

なぜ必要か 特定秘密保護法案大口善徳・党プロジェクトチーム座長(衆院議員)に聞くhttps://t.co/wNIVbkUXHo
11-08 22:11

特定秘密保護法を勘違いしている国会議員です。https://t.co/Z1hQuj5Eefhttps://t.co/d4piRzDR9u
11-08 21:35

【秘密保全法に反対する意見書】・・・自由法曹団が、秘密保全法に反対する緊急意見書を発表しました。すべての条文を詳しく解説・批判しています。 http://t.co/W7voN7NZoW
11-08 21:25

この人、国家安全保障に関する特別委員会のメンバーです。随分、とぼけたこと言っています。https://t.co/d4piRzDR9u
11-08 21:23

《大拡散希望》【11/10 フラッシュモブで #特定秘密保護法案 周知大作戦!】 http://t.co/m28JOdt6ec
11-08 20:30

町村氏、知る権利「優先間違い」 特定秘密保護法案めぐり - 47NEWS(よんななニュース) http://t.co/72e7GotNI9
11-08 20:13

https://t.co/d4piRzDR9u「与党の質疑で、特定秘密保護法案によって行政機関の情報の秘密が拡大するものでもなく、報道の活動に制約を加えるものでもないことが明らかになったと思います。」 <- この人大丈夫か?
11-08 19:25

私が秘密保護法に反対している最大の理由はこれ。秘密保護法の真意は公安権限の拡大にあるhttp://t.co/5FOLud2omn
11-08 17:23

【特定秘密保護法案質疑】131107 村上史好(生活) http://t.co/VuMv5D9nWf井出庸生(みんな) http://t.co/cUucxeGSrq
11-08 16:10

【特定秘密保護法案質疑】131107 大口善徳(公明) http://t.co/D9qGF1AwBz穀田恵二(共産) http://t.co/GMYdeInZzF
11-08 16:10

【特定秘密保護法案質疑】131107 城内実(自民) http://t.co/uUCTT7WYX8渡辺周(民主) http://t.co/xniA7702N9丸山穂高(維新) http://t.co/KD7P5SoyGu
11-08 16:09

特定秘密保護法案:専門家が語る「10年以下の懲役」の怖~い意味 | ニュースのフリマ http://t.co/w289tJ8uTk
11-08 15:03

特定秘密保護法案は国民に目隠しをして「戦争できる国」にしたいという安倍首相の願望を現わしている #BLOGOS http://t.co/BJEEgNlFcJ
11-08 15:02

秘密保護法案 「知る権利尊重」でも担保策なし 首相、安保優先鮮明に 終始紋切り型答弁(北海道新聞) http://t.co/9vagYiYaTx
11-08 15:02

「秘密保護法の制定に反対する憲法・メディア法研究者の声明」呼びかけ人・賛同者155人! #BLOGOS http://t.co/yAdHjVw9hb
11-08 15:01

電力会社の1.36兆円の赤字の主因は、ほぼ発電ゼロの原発に費やされた原発経費1.4兆円であるhttp://t.co/hfLGoY48Wi
11-08 14:02

公明党は自民党の派閥の一つでしかない。自民党信濃町派
11-08 11:47

秘密保護法案 野党に呼び掛け 山口代表 https://t.co/KQE3olTJ58少なくとも「秘密保護法」に関しては、公明党はブレーキではなくアクセルでしかない。私には消費税も原発再稼働もアクセルにしか見えない。
11-08 11:39

特定秘密保護法案「知る権利妨害」 埼玉弁護士会が声明 http://t.co/DIXzDDKCks
11-08 11:33

20ミリ・シーベルト以下で安全…規制委が指針http://t.co/PVVW1fDt6h胸のX線撮影が50μSvだから、年間400回に相当。毎日X線撮影しても、健康上の大きな問題はないということか。これを日本医師会も認めるのかな。
11-08 10:00

秘密保護法案:首相官邸前で抗議行動 http://t.co/iPz1t4ROzv
11-08 09:14

田原総一朗 「真相迫れば『扇動』?」と特定秘密保護法案を危惧 〈週刊朝日〉-朝日新聞出版|dot.(ドット) http://t.co/lOoboQn0zS
11-08 09:14

東京新聞:秘密保護法廃案目指す 市民グループ結成:茨城(TOKYO Web) http://t.co/wafCklf8bY
11-08 09:14

秘密保護法 国会審議入り 国民の疑念受け止めよ http://t.co/4LhxwsTfIX各党はこうした声をしっかり受け止め、疑問点や問題とされる点について議論を尽くすべきだ。与党の数の力に頼って成立させることがあってはならない。
11-08 09:13

Reading:山本太郎議員は皇室行事参加禁止へ NHKニュース http://t.co/0IoALpJ0Pg皇室が、無礼な振る舞いと思っているのであれば、皇室行事に呼ぶことはないだろうから、国会がとやかく言うことではないのでは。
11-08 08:42





IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事