スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



何故か突然「猿の惑星」の話

猿の惑星という映画を知っていますか?
有名な映画ですから、知らないまず人はいないと思いますが、あらすじはこれです。
http://cinema-times.com/yuanno_huo_xing_arasuji.html

この猿のモチーフになったのは、日本人だという説があります。
原作者のブールが仏領インドシナにて現地の有色人種を使役していたところ、同じ有色人種である日本人の率いる軍の捕虜となった「立場の逆転」の経験を基に描かれたという話ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

その続編の「続・猿の惑星」では、核戦争後の放射能による影響でミュータントと化して都市の地下で暮らしている人類がでてきます。
そのミュータントは、核兵器であるコバルト爆弾を神として崇拝しているのです。

続・猿の惑星

続・猿の惑星2


放射能の影響でミュータントになりながら、なお核兵器を神として祭壇に祭り、崇めいる。
このミュータントこそが、日本人をモデルにしたものではないでしょうか?
と思う今日この頃。







コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。