公約破りの第一号ですか?

東京新聞より引用
自公政策協議 大筋合意 「原発ゼロ」文言なし(2012年12月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012122002000114.html
 自公両党は十九日、連立政権に向けた政策協議で大筋合意した。原発・エネルギー政策では、目標時期も示さず「原発依存度を徐々に下げていく」というあいまいな方向性を確認するにとどまった。
 原発・エネルギー政策について、自民党は衆院選公約で「十年以内に持続可能な電源構成を確立する」と判断を先送りする方針を示している。これに対し、公明党は「可能な限り速やかに原発ゼロを目指す」としていた。公明党は原発維持路線に傾く自民党に配慮し、「原発ゼロ」明記の見送りを了承した。


2012公明党マニフェスト
koumeitouzero.gif


原発の新規着工を認めず、40年運転制限を厳格に適用するのなら、40年後にはゼロになるはず。ゼロを外すのは、きっと新規着工を認めるのでしょうね。

公明党の創立者は1981年には、
「核エネルギーの開発と実用化は、その目的がたとい平和利用であっても、即時に中止すべきであると考えます。」と言っています。

今年の提言でも、
「日本のとるべき道として、原子力発電に依存しないエネルギー政策への転換を早急に検討していくべきです。」と言っています。

公明党は、どこに向かっているのでしょうか?






コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事