汚染水を海に放出する前に、東電の飲料水にしろよ!!

貯水槽周辺井戸から微量放射性物質

貯水槽周辺井戸から微量放射性物質 投稿者 sievert311

福島第一原発では汚染水を保管する地下の貯水槽で水漏れが相次ぎ、地下水に汚染が広がっていないか調べるため、貯水槽の周辺に新たに22か所の井戸を掘って、毎日、放射性物質の濃度を測定しています。
このうち、すでに水漏れが確認されている1号から3号までの貯水槽などの周辺に設置した13か所の井戸の地下水から26日、放射性物質が初めて検出されました。
検出されたのは貯水槽から10メートルから20メートル前後離れた場所で、値は1cc当たり最大0.048ベクレルと、汚染水が入っていない5号貯水槽などの周辺の値とほぼ同じだということです。



福島第1原発汚染水問題 東電、5月にも海への放水開始へ

今月中にも原発の地下水を海に放出へ 投稿者 sievert311

このため東京電力は、地下水をくみ上げる井戸を12カ所設置し、海への放水を検討してきた。
その結果、設置工事が完了した4つの井戸では、いずれも放射性物質が検出限界値未満だったことから、13日に漁業関係者への説明を行ったうえで、5月中にも海への放水を行うことが、関係者の話でわかった。



最初のニュースでは、22か所の井戸のうち、13か所ので約50ベクレル/L検出。他の井戸とほぼ同じと言っているが、二つ目のニュースでは、12カ所の井戸のうち、4つの井戸で検出限界未満だと言っている。
検出限界値はいくつなのだろうか?
セシウム以外の核種はいくつなのだろうか?
東電の言うことは信用できない。
安全であるなら、海に放出する前に東電の社員食堂で飲料水として使用すればいい。


東電の過去の汚染水放出事件






コメントの投稿

非公開コメント

No title

まったくだ
安全だというなら東電社員寮の上下水道として是非利用して欲しい。
それで三十年程度様子見てなにも問題がなければ放水について考えませんか?
IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事