秘密保全法案ってなんだ?

ネットニュースで、「秘密保全法案を提出へ」との記事があったので、すこ調べてみました。

朝日新聞DIGITAL「秘密保全法案を提出へ 秋の臨時国会、公務員の罰則強化」
http://www.asahi.com/politics/update/0727/TKY201307260778.html
 安倍政権は、国の機密情報を流出させた公務員への罰則を強化する秘密保全法案を秋の臨時国会に提出する方針を固めた。外交・安全保障の司令塔として国家安全保障会議(日本版NSC)を設置する法案を提出するのにあわせ、同盟国の米国と情報共有を進めるために必要だと判断した。
 複数の政府関係者が明らかにした。名称は「特定秘密保全法案」にする方向で調整している。秘密を漏らした国家公務員や、「共犯者」への罰則を強化する内容になる見通し。
 政権は、政策決定を担うNSCと機密情報を集約する機関を分離することを検討。その際、外務省や防衛省などに機密情報を出すよう求めるアクセス権が必要になるため、秘密保持のための新たな法整備が必要だとの指摘が出ていた。ただ、国民の知る権利や取材の自由に抵触しかねず、秘密の範囲や罰則をどう定めるかの議論は進んでいない。


日本弁護士連合会のQ&A
エッ!これがヒミツ?あれもヒミツ!あたなも「秘密保全法」にねらわれる

http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/himitsu_hozen_qa.pdf
国民の関心が高い普天間基地、自衛隊の海外派遣などの軍事・防衛問題、わたしたちの生活にかかわりの深い、TPP、核廃絶などの外交問題、そしていまわたしたちが一番不安に思っている、原子力発電所の安全性や放射線被ばくの実態、健康への影響などの情報が、み~んな、政府の都合によって「特別秘密」にされてしまうかも!
わたしたち日本弁護士連合会は、憲法の3大原則である国民主権主義・恒久平和主義・基本的人権尊重主義を根底から破壊する「秘密保全法」に、反対します。

日本弁護士連合会は反対のようです。
「特別秘密」は、
1.国の安全 2.外交 3.公共の安全と秩序の維持
の3つの分野の情報のうち、「国の存在にとって重要な情報」なのだそうです。
何がこれに当てはまるかは、国民にはわかりません。政府が勝手に決めます。

わかりやすくまとまっているので、このQ&Aはお勧めです。

ネットやフリー記者を標的にしそうな秘密保全法
http://www.magazine9.jp/don/120208/
標的になりそうなのは、ネット系メディアやフリージャーナリストたちだ。たしかに、原発事故後の報道を見ていても、権力側に都合が悪い情報に向かって懸命に取材・発信しようとしているのはネットやフリーだった。逆に言うと、権力側にとっては、とても鬱陶しい存在に違いない。個人情報保護法では、フリーも新聞社や放送局と同様に扱われているらしいけれど、秘密保全法でもそうなる保証はない。

政府にとって都合のいい記事を書く大手のメディアは、そのままにして、事実を報道しようとするネット系メディアやフリージャーナリスが標的になるかもしれない。


この法案が成立すれば、国民の知る権利が奪わるのかもしれません。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事