11・13ガレキ説明会弾圧裁判の長井秀典裁判官は、こんな人

ぱぉんさん、ハンさん、Uさんの11・13ガレキ説明会弾圧裁判の長井秀典裁判官を調べてみました。

ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E4%BA%95%E7%A7%80%E5%85%B8

長井 秀典(ながい ひでのり、1959年12月1日 - )は、日本の裁判官。
大津地方裁判所部総括判事兼大津家庭裁判所部総括判事を経て大阪地方裁判所部総括判事(第14刑事部)。
東京大学卒業。富山県出身。

経歴
1983年 司法修習生 
1985年 大阪地方裁判所判事補
1987年 広島地方裁判所呉支部・広島家庭裁判所呉支部判事補
1990年 京都地方裁判所判事補
1993年 書記官研修所教官
1996年 大阪地方裁判所判事
1999年 神戸地方裁判所伊丹支部・神戸家庭裁判所伊丹支部判事
2000年 神戸地方裁判所伊丹支部長・神戸家庭裁判所伊丹支部長
2002年 大阪高等裁判所判事
2005年 大津地方裁判所(刑事部)・大津家庭裁判所部総括判事
2008年4月 大阪地方裁判所部総括判事



日本の刑事裁判官より
http://terremoto.blog79.fc2.com/blog-entry-122.html

長井秀典裁判官≪37期≫
1審無罪 【13/8】 ★強要×小指切断×被告人2名は暴力団関係者★ at 大阪地裁
1審無罪 【13/6】 ★府迷惑防止条例違反×電車内での痴漢行為★ at 大阪地裁
1審無罪 【12/8】 ★覚せい剤の使用★ at 大阪地裁
1審無罪 【11/10】 ★傷害★ at 大阪地裁
1審無罪 【11/3】 ★強姦★ at 大阪地裁
1審一部無罪 【10/1】 ★殺人3件中、1件は無罪×被告人はチャイニーズ女★ at 大阪地裁
1審無罪 【09/11】 ★強盗★ at 大阪地裁
1審無罪 【07/10】 ★心神喪失>殺人★ at 大津地裁
1審一部無罪 【07/8】 ★交通事故×道交法ひき逃げは無罪★ at 大津地裁
1審無罪 【06/3】 ★詐欺×国土交通省職員★ at 大津地裁


「冤罪をつくる検察、それを支える裁判所」(里見繁さん著 ㈱インパクト出版会)p142、143に、当裁判官に関する記述あり(13/2)。
とあるので、この本を調べてみました。

『冤罪をつくる検察、それを支える裁判所』を読んで
http://www.janjanblog.com/archives/42920
冤罪は昔のことではなく「志布志事件、富山氷見事件、足利事件、布川事件・・・」と今も続き、犯人デッチアゲ処か「志布志事件、佐賀市農協背任事件、大阪地検の村木厚子さん・・・・」等など、官憲は事件のデッチアゲさえするのである。

どんな記述かはわかりませんが、冤罪に加担している裁判官なのでしょうか?・・・


大阪地裁,高裁 刑事裁判徒然日記&こぼれ話 より
裁判員裁判の正体を見た
http://compaq1958.iza.ne.jp/blog/entry/957664/
しかしこの裁判,争点は多岐にわたるのであるが,たったの24時間で,しかも弁護側の主張を悉く排斥し,検察官の主張をほぼ認めた形の判決となった。「最初に結論ありき」としか思いようがない。

恐い内容です。


下地真樹准教授の勾留理由開示裁判で、下地さんを「黙示の共謀」で勾留延長した裁判官です。
ダイヤモンド・オンラインより
「路上の表現活動に対する不当介入」勾留理由開示で明かされる警察対応の実態
http://diamond.jp/articles/-/32051
 また今回の下地准教授ら3人の逮捕では、JR大阪駅構内での“無許可デモ”を強行した際の駅員に対する「一連の業務妨害行為」を「黙示の共謀」としたが、それら行為がいかなるものなのかすら示されないままだった。もしこうした論理が法廷でまかり通るようになってしまえば、まさに太田弁護士が指摘したように「誰でも犯罪者に仕立て上げられうる」といえよう。
 長井裁判長は、下地准教授が「中心人物である」ことも、「黙示の共謀」による「共同正犯」と説明する材料としていた。



要注意の裁判官のようです。しっかり監視しましょう。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事