秘密保護法を使って、山本太郎議員を罪に落とし入れる方法

特定秘密保護法案の最終案

 第二十五条 第二十二条第三項若しくは第二十三条第二項の罪を犯した者又は前条の罪を犯した者のうち第二十二条第一項若しくは第二項若しくは第二十三条第一項に規定する行為の遂行を共謀したものが自首したときは、その刑を減軽し、又は免除する。

秘密保全法反対アピール 2013年10月25日

10分28秒より

1.大臣が、秘密に指定している情報を官僚に伝える。
2.官僚がその情報を、山本太郎議員に知らせる。
3.山本議員が、特定秘密だと知らずに、それを調べて公表する。
4.山本議員は、罪に問われる。
5.官僚は自首し、免罪となる。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事