ドイツ「日本、園遊会でスキャンダル」



明仁天皇の園遊会で、一人のゲストがとんでもない行動に出た。

国会議員山本太郎は、天皇に話をするかわりに

手紙を手渡したのだ。

原発に反対する山本の手紙は、福島について訴えたものだ。

彼の行為に日本の世論は激怒した。

山本は記者の前で釈明した。

「陛下に直訴するほか、ありませんでした」

「私の不安を伝えるためです」

「東日本の子供たちは被ばくし、病気になっているのに みんな黙っています」

「そのことを陛下に伝えたかったのです」

天皇は果たして手紙を読んだのか?

園遊会ではすぐに、御付きの者に渡してしまっていた。

福島原発が今でも危険なことには、日本人はほとんど興味がないようだ。

園遊会で起きたことの方が、よほどひどい事件らしい。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事