公明党、インドで原発輸出を表明。国内でも原発推進?

公明党は原発のインドへの輸出を積極的に推進するそうです。
NHK NEWSweb
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140107/k10014305541000.html
インドを訪れている公明党の山口代表はクルシード外相と会談し、原子力関連技術のインドへの輸出を可能にする原子力協定の締結交渉について、国民の理解を得ながら加速させていくべきだという考えを示しました。
この中で山口代表は、日本の原子力関連技術をインドに輸出できるようにするための原子力協定の締結交渉について、「日本は広島や長崎での被爆や東日本大震災での原発事故を経験し、国民は原子力の問題に敏感なので、国民の理解を得ながら進めていかなくてはならない」と述べました。
そして、山口氏は「連立政権の中で考え方に大きな隔たりはなく、交渉を加速させる必要がある。今後も柔軟性を持って、実務的な協議を重ねていきたい」と述べました。


山口代表 日印原子力協定交渉加速を


原発に関して自公で当面の政策について異なるところはない
公明党ホームページ
https://www.komei.or.jp/news/detail/20140108_13007
外相が原子力利用に対する日本の連立与党の考え方を聞いたことに対し、山口代表は「大きく言えば、(自公両党で)当面の政策で異なるところはない」と強調した。
党訪印団 クルシード外相と会談

どうやら、公明党は原発推進に舵を切ったようです。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事