都知事選の脱原発票の推移(主な候補のみ)

2011年4月10日 投票率 57.8%
小池あきら: 「原発推進もチェンジ!」と原発推進を否定
得票数: 62万票

2012年12月16日 投票率 62.6%
宇都宮健児: 原発再稼働・原発輸出を認めない
得票数: 96万票

2014年2月9日 投票率 46.14%
宇都宮健児: 原発の即時ゼロ
得票数: 98万票
細川護煕: 原発ゼロで新しい成長に点火する
得票数: 95万票

2012年と2014年を比べると、得票率は16%下がったのに、脱原発票が100万票程増えています。
細川さんの立候補で、保守層からの脱原発票が掘り起こされたのでしょう。

次の都知事選では、脱原発票は300万を超えるかもしれません。
次の選挙は、いつになるのでしょうか?
舛添さんだから、早いかもしれません。
今から、選挙準備をしておきましょう。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事