ドイツ3SATテレビ「おしどりマコさん訪独記」 和訳

)


熱心にメモを取り情報交換する姿は
おしどりマコさん 日本の反原発運動家だ
夫のケンさんとドイツを旅して回っている
超過密スケジュールだ
会議や学校訪問 イベント参加
日本では何よりも表現の自由のために闘う
「私たちはコメディアンですが
事故後 “原発”“被ばく”
と口にすることを禁止されました」
「師匠には 芸人は国ではなく
お客さんのために話せと言われました」
「戦争中の芸人は
国と戦争のプロパガンダを
舞台で行なったそうです」
「原発事故後の日本は
それと一緒だと思いました」
マコさんは 福島で現実に起こっていること
事故から三年後の被害の実態を伝えたいと考えた
しかし日本では難しい…
そこでドイツを訪れた
今日はネカーヴェストハイム原発でデモに参加する
「家族は遠い所に住んでいるので
大丈夫ですが
福島の友達たちには
健康被害は出ています」
「友達の二人の子供達は
甲状腺に異常があり
母親は 白血病に似た
病気にかかっています」
「四人家族中 三人が病気です」
デモではようやく 
政治コメディーを披露できた
夫婦は 原発の恐ろしさを
舞台を通して人々に伝える
デモ参加者達は 大感激だ
「心打たれました」
「人々を動かす素敵な力があります」
「日本式の取り組みを見ることができ
われわれも学べました」
「日本から来てくださって嬉しいです」
「希望的な気がしました」
マコさんは 人々を 揺すり起こそうとする
「選挙以外にも 私達は
毎日 一票を持っています」
「何を買うのか どこに行くのか
どう時間を使うのか…
どれも政治や社会を 
変えることができる一票なのです」
彼女が話すことはすべて 自ら取材で確認したことだ
東電の記者会見に必ず出席し 原発作業員とも知り合った
専門家に取材し 汚染地域の住民を訪ねた
日本政府には それが気に入らないのだ
ジャーナリストとして彼女は 報道の自由のために闘う
日本の国会は昨年
特定秘密保護法を可決した
汚染値や犠牲者の情報は ますます出てこなくなった
民主主義と自由に反すると
マコさんら何人かのジャーナリストは訴える
マコさんは自分が公安に 尾行されていることを知った
「なんで尾行するんでしょうね」
「税金の無駄遣いです」
「怖いことは沢山ありますが
私みたいに 小さな  たいして影響力もない人間に
圧力を掛けるのが 恐ろしいことだと思います」
それでも取材の成果を 発表し続ける
今も汚染水が海に流れていること
人々は汚染食品を  食べ続けていること
人間と自然への本当の被害を  まだ誰も予想できない
ネカーヴェストハイムの人々も
だからこそ 行動する
福島事故記念日を迎えて すべての原発停止を求める
おしどりマコさんは 次のアポイントに向う
マスコミや情報を 批判の目で見るよう
人々に呼びかけながら
バスの中でも休みはない
情報交換し メモを取り
活動家達と議論に花が咲く
マコさんのドイツの旅は
しばらく続く





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事