再稼働、やる気満々の公明党

公明党ニュース: 国民会議 設置急げ
http://www.komei.or.jp/news/detail/20120823_8925

公明党のエネルギー政策について、石井政調会長は、原子力発電所の新規着工を認めない方針をあらためて強調。原発の運転期間を原則40年とする規定から「遅くとも40年後にはゼロになるが、なるべく前倒しで原発ゼロをめざすのが公明党の基本方針だ」との考えを示した。原発再稼働については「原子力規制委員会が設ける新たな安全基準に基づき、国民、住民の理解を得ながら判断するプロセスが重要だ」と主張した。


今、日本で原発が稼働しているのは大飯原発だけ。
それも夏の電力不足になるからとの理由だったが、実際は電力は余っている。
「遅くとも40年後にはゼロになるが、なるべく前倒しで原発ゼロをめざす」って何だ?!
稼働していない原発を動かすということか?
電力が足りているのに、なぜ稼働させる?
意味がわかりません。
公明党さん、再稼働させる理由を教えてください。
パブコメの80%は、「即時ゼロ」を要望しています。
国民の意見は無視ですか。

原発の運転期間を原則40年とする規定から、「遅くとも40年後にはゼロになる」も意味不明。
一番遅く運転開始した原発は、1997年の柏崎刈羽原子力のはず。
そうだとすれば、25年後には、原発がゼロになる。
40年後にゼロになるというのは何でしょうか。
まさか、建設中の原発を完成させるつもりですか?
40年後にゼロの意味はそれですか?

あなたの声を公明党に
https://www.komei.or.jp/contact/





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事