原子力病の田中俊一氏 「真夏の昼の夢」

第38号 原子力委員会メールマガジン 2009年9月11日号
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/melmaga/2009-0911.html

「真夏の昼の夢」原子力病   田中俊一

「このところ原発の稼働率は、90%を越えて韓国並みになってきた。全発電量の40%以上という目標も既にクリヤーし、温室効果ガスの削減量も2005年に比べて1億トンを越し、堂々の実績である。六ヶ所の再処理工場もいろんなトラブルに見舞われたが、ようやく本来のパフォーマンスを達成し、抽出されたPuはMOX燃料に加工されて、プルサーマル軽水炉で順調に利用されている。使用済燃料を貯蔵する中間貯蔵施設も完成し、暫くは使用済燃料の行く先を心配することはなく
なった。あれこれの困難の時を越えて、原子力発電はようやく落ち着き、エネルギーの供給と温室効果ガス削減にも確かな実績を残している。こうなると不思議なもので、原子力発電に対する国民やメディアの見方も変ってきたようである。
国民の信頼も高まり、高レベル廃棄物の処分場もまもなく稼動ができそうだ。古い原発のリプレースも、新規増設も順調に進展している。なんと心穏やかに原子力の仕事ができる時代が来たものである。

いやいや、落ち着いていられるのは一時よという天の声。地球温暖化の緩和、エネルギー安定供給になくてはならない原子力発電をこれからもずっと使ってゆくためにはまだまだ課題は山積だよ、と。六ヶ所で処理しきれなかった使用済燃料や、使用済MOX燃料の再処理のための施設の検討が待っている。高速増殖炉サイクルもウラン資源を使い切ってしまう前までには完成させなければならない。改めて気合いを入れ直して取り組まねばならない、と言うことか。廃棄物処理の点
では分離・変換を含めてマイナーアクチニド(MA)をどうするかも重要な課題である。国際的には、核拡散抵抗性のある技術も要求されるかも知れないし、日本独自の考えで使用済燃料の処理ができるかということも考慮しておかねばならない。
国際社会が受け入れる処理技術ということも重要な要件になるかも知れない。さらに、高速増殖炉の導入ということになれば、軽水炉と高速増殖炉の燃料再処理を最適化しなければならない。あれこれ考えると、六ヶ所再処理工場の技術の上に、さらなる特別の味付けが必要になりそうだ。

こう考えると、使用済燃料の処理システムを検討するためには、先ず基本となる技術をしっかり固めることから始めなければならない。例えば、MAをどのように処理し、どう扱うかによって、処理システムのスペックは大きく影響される。MAの抽出剤の開発から、MAの基礎化学、物性まで戻った基礎的な研究開発からとなると民間の出番はかなり先になる。原子力機構が担うしかあるまい。軽水炉サイクルに係る当面の問題が解決しているので、50年先、100年先を見通した課題に、
じっくり取り組める余裕がある。暫くは、六ヶ所再処理工場と中間貯蔵で使用済燃料の扱いに困ることはない。取り敢えず20年ぐらいは、様々な可能性にチャレンジすればよい。大急ぎで技術を選択する必要はない。大事なことは、本当に使える技術の開発だと言うことを忘れずに一歩一歩着実に進めると言うことだ。原子力の可能性を開拓するのは次の世代の仕事である。自由な発想で伸び伸びと原子力の研究開発や利用を大きく展開できる新たな時代を築き上げてもらいたいも
のである。若い研究者達の顔が生き生きしてきたらしめたものである。」

暑い陽射しを避けて、庭先の木陰で香り豊かなSaza Special Blendコーヒーを片手にのんびりと本を読んでいたら、いつの間にか転寝をしてしまったらしい。我に返って思い起こすと、常日頃、こうあったらと願っていることである。なんと幸せなひと時であったのかと思いつつ、かなりひどい原子力病に侵されていると思うと苦笑がこみ上げてきた。


自分で、「かなりひどい原子力病に侵されていると思う」と言っています。
こんな人を原子力規制委員長にすれば、日本中が原子力病に感染してしまうでしょう。






コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事