ドイツ公共第一放送 福島のチョウの奇形



翻訳者: Tomo

野原千代さんは”生物学者”という紹介になっていますが、正確には琉球大学大学院生だそうです。

47ニュース
原発事故でチョウに異常 琉球大チーム調査 
http://www.47news.jp/47topics/e/233375.php
 東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響で、チョウの一種「ヤマトシジミ」に遺伝的な異常が出たとする調査結果を琉球大の大瀧丈二准教授(分子生理学)らの研究チームがまとめ、10日までに英科学誌電子版に発表した。
 ヤマトシジミは人が生活する場所に多く生息する。チームは昨年5月と9月、福島県内のほか茨城、東京など計10カ所で採集した。
 5月に集めた成虫144匹から生まれた卵をふ化させて育て、孫の世代まで調べたところ、いわき市や広野町など福島県内のチョウは、子の世代で死ぬ確率がほかの地域に比べ高かった。線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さくなっていた。子の世代では全体の約2割で羽の配色パターンや斑点の数などに異常があり、親の世代よりも1・5倍高い発生頻度だった。
 9月に採集した成虫約240匹では、子の世代の約5割で異常が見つかった。
 事故による放射性物質の影響がほとんどないとみられる沖縄のヤマトシジミに低線量の被ばくをさせた実験では、同様の異常が出た。
 大瀧さんは「昆虫は低線量の放射線に強いと言われていたが、ヤマトシジミは弱いことが分かった。事故が周辺の自然に影響を与えているのは間違いない」と話している。






コメントの投稿

非公開コメント

一部訂正

Tomoさま

さっそく日本語訳をつけていただき、感謝申し上げます。
私は取材を受けた研究チームの野原と申します。
私たちもようやく番組を見ることができました。
どうもありがとうございます。

私は過去、監査論の分野で学者だったことがありますが、
現在は琉球大学の(社会人)院生でございます。

ですので、「生物学者」というのは、正しくないです。
ARDの方には、院生であることはお伝えしていたのですが
なぜか、このような報道になっています。

このメールを皆様の目に触れるところにおいていただければ
幸いでございます。

重ねまして、日本語訳どうもありがとうございました。

Re: 一部訂正

野原千代さま
翻訳者のTomo様より
『恐らく生物学部の大学院生という肩書きは、ドイツではすでに「学者」と言う扱いになるのだと思います。』
との返事をいただきました。

No title

Tomoさま

さっそく訂正をしていただきありがとうございました。
お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
また、ドイツの事情を教えていただきありがとうございました。


IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事