国民の生活が第一「ドイツ脱原発視察」小沢氏インタビュー



インタビューをまとめました。正確には動画をみてください。

記者:
環境大臣との会話の中で、10年後に原発をなくすにあたって参考になるようなことは、あったか?

小沢:
ドイツでは風力発電が、再生可能エネルギー・代替エネルギーとして大きな比重をしめている。
命の問題、暮らしの問題、高レベルの廃棄物のコストの問題、事故を起こしたときの処理費用のことを考えると、原発というのは高いものになる。
安全で環境にもいい新しいエネルギーを開発していくのは多少費用がかかっても良いという、感覚のようだ。

記者:
ドイツの環境大臣が、日本の脱原発についての実現可能性について、どう言及されたのか?

小沢:
ドイツの大臣が、日本についての論評はしない。
私は、日本は原発に依存してきたので、再生可能エネルギーへの努力が少なかった。日本の場合は、地熱を利用するのか有効だ。と思っている。
本気でやれば、日本はドイツ以上に容易に代替エネルギーに切り替え可能のはず。
ドイツでは、2050年にCO2の排出を8~9割減らす計画だそうだ。
コストの上昇も解決可能だと思っている。

記者:
脱原発に、ドイツではすべての与野党が賛成だそうだが、日本では原発推進の党がある。
「生活」はどのように答えていくのか?

小沢:
ドイツが脱原発に切り替えたのは、日本の福島の事故があったから。
原発事故を抱えている日本が、これを変換しきれないというのは、ドイツから見れば、非常に疑問。
日本は今まで脱原発に力を注いでこなかった。本気でやれば日本はドイツ以上に可能性がある。
事故を契機に日本は脱原発に取り組んでいくべき。

記者:
ドイツの脱原発の経済的影響について、産業界の反応はどうですか?

小沢:
ドイツの大臣は、競争力が維持していけるように、施策を講じている。と言っている。
電力会社で既得権が侵さることについて、訴訟が起こっているが、脱原発に反対しているわけはない。損害請求の訴訟だ。
産業界も脱原発については、賛成ということのようだ。





コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事