モジモジ先生、橋下市長に宣戦布告。挑戦状を叩きつける!

挑戦状

橋下 徹 大阪市長

私は8月30日の大阪市主催の住民説明会にて、最後の質問をさせていただいた者です。市長は、環境省の担当者に不十分な答弁をさせただけで、そのまま閉会を宣言して逃げておしまいになりました。とても残念でした。
その後、大阪市のホームページには追加の回答が掲載されましたが、この内容について環境省・近畿地方環境事務所に問い合わせを行った結果、「その回答では不十分である」ことはお認めになっております。このまま広域処理を強引に進めることは、まったく道理が通りません。どうしてもやるのだというのであれば、環境省が説明できないことも含めて、橋下市長、あなた個人がちゃんと答えるべきです。
反対の考えを持つ人間と、メディアの前できちんと討論してはいかがですか。あなた自身も、公開討論会を行う考えに言及していたこともあったじゃないですか。いいアイデアです。是非ともやりましょう。私とでいいですよ。私は一介の素人ですけれども、やれますよ。私は逃げも隠れもしません。どうですか?
大阪市役所南側のプロムナードで、一対一の討論をしましょう。メディアにも映してもらいましょう。賑々しく、盛大にやりましょう。
お返事をお待ちしております。とりあえずの期限は11月7日までに。電話でもメールでも構いません。


上記挑戦状は「唄う革命」より引用
橋下君のところに「挑戦状」を出してきました(笑)
http://monmojimoji.tumblr.com/post/34733819588



大阪市でのガレキ焼却は下記の附帯決議がついています。
橋下市長は、モジモジ先生の挑戦を逃げるわけにはいきません。

議案第188号「平成24年度大阪市一般会計補正予算(第1回)」に対する附帯決議
災害廃棄物の広域処理に関する予算執行にあたっては、
1、市民・事業者等への納得のいく充分な説明をすること
2.夢洲周辺の海域に関連する漁業従事者への説明をすること
3、安全性を確認するための検証を重ね、結果を公表すること
4、細野環境大臣から指摘のあった有害物質(ヒ素・六価クロム・アスベスト・水銀等)を含む災害廃棄物については、事前に検査し、産業廃棄物として適切に処理すること
以上の項目について履行するとともに、安全性が確認できるまでは、試験焼却及び本格受け入れは行わないこと



mojimoji_tyosenzyo.jpg


大阪市主催の住民説明会の映像






コメントの投稿

非公開コメント

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事