「原発ゼロ宣言」の嘘

衆議院選挙に向けて、実質的な選挙活動も盛んになってきました。
「脱原発依存」とか「原発ゼロを目指す」などのスローガンが目立ちますが、本当に信じていいのでしょうか?
脱原発とは被曝の拒否だと思っています。
私が原発に反対の最大の理由は、放射線被曝により健康被害が起こるからです。
脱原発と言いながら、食べて応援やガレキ受け入れを推進している政党や人を、私は信用していません。
人気取りのため、脱原発を叫んでいるだけです。選挙が終われば、きっと原発を推進してきます。

汚染された食品を食べて応援すれば、内部被曝します。
食べて応援と言っている人たちは、1キログラムあたり500ベクレルが基準だったことから、ずっと食べて応援と言っていました。
原発の敷地内では、キロあたり100ベクレルを超えるものは、ドラム缶に詰めて厳重に管理しないといけません。
その5倍に汚染されていたものをいくら食べても安全だと言っていたのです。
宮城県の松井知事の発言を思い出してください。
宮城県知事定例記者会見(平成23年8月22日)
「(1キログラムあたり)500ベクレル以下で、どれだけ食べても全く問題がないということであります。」

原発は反対だけど被曝はしてもいい、なんてありえません。
「食べて応援」や「みんなの力でガレキ処理」などと言っている党や人は、「なんちゃって脱原発」です。
投票してはいけません。
もう、騙されるのは止めましょう。






コメントの投稿

非公開コメント

No title



http://shinurayasu.wordpress.com/2012/07/27/nhk-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%EF%BC%99-%E3%80%8C%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E6%94%BE%E5%87%BA-%E5%86%B7%E5%8D%B4%E3%81%AE%E3%81%95/
【浦安パパママ必見】NHK ニュースウォッチ9 「放射性物質放出 冷却のさなかにも」(大量の放射性物質が首都圏に飛来したことを公表)

福島原発事故は、きのうの政府事故調の最終報告で、一通りの調査報告が出そろったが、しかしまだわからないことばかりであることは、報告書自体が認めている。
特にいつ、どこからどんな理由で放射性物質が放出されたかは、どの報告書でも特定されていない。
取材を進める中で、原子炉の冷却を進めようとしていた時にも放射性物質が放出されていた事実がわかってきた。


http://houshanou3.sblo.jp/article/58996874.html
女子アナ海外逃亡の秘密 - 放射能から身を守る食情報

またまた女子アナ海外脱出のニュースですね。
いったいなぜ、女子アナは海外に逃げるのか?

まず、考えられるのが、首都圏の放射能汚染状況を正確に把握している。
⇒放射能からの避難。

あと一つは、この国の支配構造に気が付きやすい職場にいる。
⇒この国で、子供を産み育てることに危険を感じる。



http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/fcf7beb64566037b18142729f6b0fba5
相次ぐ女子アナ海外移住。首都圏友人5人、赤ちゃん2人心雑音に穴、黄疸に心異常。流産。切迫早産入院。


女子アナの海外移住が進んでいますが、こんどはTBSの竹内香苗アナも、ご主人と南米に行かれるそうですね。海外移住したり、画面から消えた女子アナは、3.11.以降、これで何人目なのでしょうか。面白い現象です。こんなに海外移住する女子アナが相次ぐのは、前代未聞だと思います。僕は、何人も何人も女子アナは、人間関係がありましたから、彼女らの共通性格が、よくわかります。良きにつけ、悪しきにつけ、彼女たちは「御身大事」な方々。生来、自己顕示欲が強く、自分大好きな、東京女性の典型的な人々です。そうした女性たちがどのような判断をするのか。首都圏のこうした状況下で何を優先するのか。自分の美貌や遺伝子に普通よりも、自信がある女性たちです。言わなくても、みなさんわかりますよね。

IWJ
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
プロフィール

金吾

Author:金吾
twitter: kingo999

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
リンク
amazon
おすすめ記事